億万長者の旅ブログ(ミヤンマー2020年)

ミャンマー有数のインスタ映えスポット。インレー湖、この絶景は見逃せない1

広大な美しい湖と、そこに住む人々、そして歴史ある遺跡など、独自の進化を進化を続けてきたインレー湖周辺は見所が満載。

1.歴史的にも価値の高いインレー湖とその周辺

インレー湖は、ヤンゴンから北北東に500㎞、平均標高884m。南北約18㎞、東西約5㎞の縦長の湖です。(湖面積:摩周湖の約2.2倍)
しかも、この湖は世界的にも珍しい古代湖です。
普通、湖は数千年~数万年で堆積物で埋まってしまうらしいのですが、100万年以上埋まることなく現在にいたっています。
(有名な古代湖:日本であれば琵琶湖、ボリビアであればチチカカ湖、ロシアはバイカル湖、etc)
生物が独自の進化をするのはもちろん、周辺の人々も独特な文化を持つことが魅力。

メインの交通手段はボート

2.足でオールを操る独自進化、インレー湖名物、インダー族の漁

朝5時半、本日お世話になる船頭がホテルにピックアップ、船着き場へ移動。
焚火で暖をとったら6時に乗船。船頭は何度もエンジンをかけるためのハンドルを回します。ライフジャケットを身に付け、毛布に包まったらスピートアップ、切り裂く寒風に耐えながら川から広い湖を目指します。

低い気温の中、必死でエンジンをスタートさせる船頭

6時半にエンジンを停止して湖上で日の出を待つことに。気温が低いので「温かいお茶が恋しかった」
山に囲まれている地形のため、日が昇ったのは、日出時間6時50分の約10分後の7時。
昇る日をバックに、漁風景を撮影すると、なんとも絵になるじゃありませんか!
日が昇るにつれ、湖面がオレンジ色に輝き、漁師の姿がシルエットになりました。まさに、今がシャッターチャンス!その時に撮影した写真が下の画像になります。(撮影機材:iPhone8)

朝日に焼けるインレー湖、漁をするインダー族漁師

3.インレー湖の民、インダー族の独特な片足漁とは?

ミャンマーの少数民族インダー族の漁の仕方がとってもユニーク。舟尾に片足で立ち、もう片方の足でオールを器用に操りながら、手に持った大きな伏せ網をグイッっと湖に沈め魚を閉じ込めます。あとは上からモリで一突きするだけ。

足でオールを操つる漁師

獲れる魚は、コイ、フナ、ナマズ、ドジョウ、ライギョなど。私が目にしたのはティラピアを捕獲するところでした。
なぜ、外来種のティラピアがインレー湖に?と思いましたが、繁殖力の強い生物は、生態系を変えてしまうということですね!

インダー族の漁師さんに質問したこと
Q1:水深は? A:乾季2m 雨季:4m

Q2:乾季と雨季どちらが豊漁? A:雨季。乾季は湖の面積が小さくなり漁師が密集しすぎるから魚が減る

Q3:学校が湖の上にあると聞いたが、子供は自分で小舟を漕いで登校するの? A:1カ月1.2万チャット(約960円)を支払うことでボートが送迎してくれる

仕事の合間にタバコをくゆらすインダー族漁師

4.日の出前からボートをチャーターしても2千円足らず

ボートツアーは朝から6~7時間規定のコースを回って2.2万チャット(約1700円)
余りにも、朝日がキレイだったので、後日、交渉により1万チャット(約800円)で2時間、日の出を見るために船を出してもらいました。

チャーターするボートはこの大きさが一般的

5.マンダレーからインレー湖の拠点ニャウンシュエまでの移動

巨大なマンダレーバスターミナルの中でニャウンシュエに行くバスは2~3社だけ。敷地内中央付近に建つビルの1階にチケット売り場はまとまっています。

巨大なマンダレーバスターミナルの中央付近にあるビル

ニャウンシュエまでの所要時間は約7時間。到着直前にチケットオフィスで、入域料1.2万チャット(約960円)を支払い終点で下車。

マンダレーバスターミナル 0900発→ニャウンシュエ1600着 ワンボックスバン 13000チャット(約1000円)食事休憩:1回、給油:1回

まとめ

1. インレー湖は世界的にも珍しい古代湖、周辺に暮らす人々の文化は魅力満載
2. インダー族が漁をする様子は、インスタ映えする映像になること間違いなし
3. インダー族は、片足で舟に立ち、空いている足でオールを操りながら網で魚を獲る
4. 日の出前から、ボートを貸し切っても2千円程度、時間がゆるすなら2回訪れたい
5. マンダレーからインレー湖までの移動はワンボックスバンで7時間

インレー湖の南東25㎞にあるカックー遺跡にも興味がありましたが、2000基の仏塔を見るのに往復6時間の移動と4千円の交通費をかけるなら、再度インレー湖から朝日を見ることを優先しました。
ミャンマー観光の目玉というと、バガン遺跡をイメージする方が多いと思いますが、個人的には、インレー湖の方が勝っていると感じました。

ニャウンシュエに滞在した期間:2020年1月27~30日 この後は「バゴー」に移動

ミャンマー有数のインスタ映えスポット。インレー湖、この絶景は見逃せない2湖の上の生活ってどんな感じなの?何が大変なの?どんなことが楽しいの? 1.見どころ満載、インレー湖ボートツアー インレー湖の見どころ...
ABOUT ME
ubukata
生方正(うぶかた ただし) 明治大学客員研究員。 高校卒業後に海上自衛隊に入隊。 海上自衛隊で映像に関する部内教育を受けたのち写真員となり、インド洋給油支援活動、環太平洋合同訓練など多くのミッションに参加。 撮影した写真は、部内は元より、国内外の新聞、雑誌、TVに採用され、その功績により7度の表彰を受ける。 勤務の傍ら、各種節約術を駆使しながら貯蓄を行い、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資等を実施することで億の資産を築く。  入隊時の目標であった「南極に行く」「幹部自衛官になる」「億万長者になる」をすべて達成した現在は、アーリーリタイアを遂げ、花粉の飛ぶシーズンは海外に所有する別荘に滞在。それ以外は各国を旅している(訪問国:7大陸33カ国)。 朝日新聞社Webメディア「telling」にて『ミレニアル女子のための「新しいお金との付き合い方」101のルール』を連載。 オンライン授業Schooでお金に関する授業を担当。 会員数900万人 ママ向けメディア「ママスタセレクト」では、生活コスト削減コンサルタントとして節約情報を配信中。 テレビ出演:AbemaTV「AbemaPrime」、BS朝日「南極日和」 ラジオ出演:NHK第1「小藪とみちょぱのとりしらベイビー」他 多数 ポットキャスト:「海外ブラックロード」「スタジオスモーキー」他 多数 掲載:「日刊ゲンダイ」「マネー現代」「アゴラ」「AERA」他 多数

ubukata にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です