億万長者の本棚

楽しくなければ成果は出ない 著者:田中マイミ

音楽に真剣に取組んでいる人は星の数ほどいますが、実際にCDを出した人はごくわずか。著者はCDを3枚も手掛けているのに、日本最大級のディスカウントストアの役員まで上りつめ、現在は企業に対するコンサルまで行っている才女。そんな方がドン・キホーテで実践してきた職場の人間関係を円滑にする秘訣が盛り込まれた1冊。

目次
1. 著者:エグゼクティブコーチ 田中マイミ
2. コミュニケーションこそが最強のエンタメである
3. 自分を掘り下げる付箋のワーク
まとめ

1.著者:エグゼクティブコーチ 田中マイミ

著者は、ドン・キホーテの店内で耳にする音楽『Miracle Shopping ~ドン・キホーテのテーマ〜』を作詞作曲して自ら歌っている元役員。幼少期から音楽に関する英才教育を受け、高校在学中700人が参加するオーディションで優勝した経歴の持主。シンガーソングライターとして3枚のシングルを出すかたわら、有名アーティストのバックコーラスとして活躍。
生活安定のためにアルバイトとして働き始めたドン・キホーテで販売スキルが認められ正社員に採用されたばかりか、役員の席にまで上りつめる。
数年前に飲み会の席でご一緒させていただいたときに、起業コンサルタントをしているといっていた著者、器の大きさを感じていましたが、本書を拝読して自分が想像していたよりも大きな器の持ち主だったことに驚愕。

2.コミュニケーションこそが最強のエンタメである

「自己肯定感が高い人ほど、コミュニケーションが上手」(田中さん)
この言葉に疑問を持ちましたが、田中さんは下記のように説明をしています。
「自分のことを受け入れられない人は、他人を喜ばせよう、楽しませようとは思えないばかりか、他人を信じられなくなり、ミスや短所ばかりに目が行きがち」「さらにその目は自分自身にも向けられ、深層心理で自分の短所に意識が向いている」「だから他人との会話も弾みにくくなる」(田中さん)
なるほどと思いました。自衛隊勤務時代の私は職務上関わりのある隊員以外と会話をすることは稀でした。なぜなら、「職場は俸給を得るために来ている」「やるべき職務を済ませることが第1優先だ」と考えていたからです。
さらに、部下に行き過ぎた指導をしたら「パワハラ」、異性が不快と感じたら「セクハラ」、相手が妊婦だった場合「マタハラ」と、問題が起きる度に防止教育等が実施されたことで、不要なコミュニケーションは「リスク」である!ととらえるようになっていました。
今、振り返ると自分の自己肯定感が低く、他人とのコミュニケーションがうまく取れなかったことが原因だったと理解できました。

3.自分を掘り下げる付箋のワーク

田中さんは、「自分を知ること」の重要性について説いています。
付箋に自分の人生を振返り「嬉しかったこと」「嫌だったこと」を書き出し、書いたものをグループ仕分けしてなぜそのように思ったのかを自問自答する。そうすることで「ありたい自分」を模索しながら最終的に自分の感情と得手不得手をマトリクスにまとめる手法です。
「本当に好きなこと」「得意なこと」「嬉しいと感じること」を正しく知ることで、苦手なモノを避け、得意なモノに注視することで、よい人生が送れるということです。

本の終章で、田中さんは「人生は宝探し」といっています。
「人生は面白いこと半分」、「つらいこと半分」。面白いことに注視することで人生を好転させることができます。例え、面白くないことでもゲーム感覚で取り組むことで面白い部分を増やすことができます。

過去にあった嫌なことも、捉え方しだいで宝に変えることができるのです。

まとめ

つらいことも、楽しいことも半々の人生。
つらいことから何かを学び、嫌な仕事の中にも楽しいことを発見することで、楽しい比率が多くなります。
「人生は心の在り方で大きく変わる」そんなことを気付かせてくれる一冊でした。

ルポ西成 七十八日間ドヤ街生活 著者:國友公司日雇い労働者の受け皿となっている大阪の西成。そこで暮らす労働者の60%が薬物使用経験者、40%が反社会的勢力に属していた人。どちらに該当...
ABOUT ME
ubukata
生方正(うぶかた ただし) 明治大学客員研究員。 高校卒業後に海上自衛隊に入隊。 海上自衛隊で映像に関する部内教育を受けたのち写真員となり、インド洋給油支援活動、環太平洋合同訓練など多くのミッションに参加。 撮影した写真は、部内は元より、国内外の新聞、雑誌、TVに採用され、その功績により7度の表彰を受ける。 勤務の傍ら、各種節約術を駆使しながら貯蓄を行い、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資等を実施することで「億」の資産を築く。  入隊時の目標であった「南極に行く」「幹部自衛官になる」「億万長者になる」をすべて達成した現在は、アーリーリタイアを遂げ、花粉の飛ぶシーズンは海外に所有する別荘に滞在。それ以外は各国を旅している(訪問国:7大陸33カ国)。 朝日新聞社Webメディア「telling」にて『ミレニアル女子のための「新しいお金との付き合い方」101のルール』を連載。 オンライン授業Schooでお金に関する授業を担当。 会員数900万人 ママ向けメディア「ママスタセレクト」では、生活コスト削減コンサルタントとして節約情報を配信中。 テレビ出演:AbemaTV「AbemaPrime」、BS朝日「南極日和」 ラジオ出演:NHK第1「小藪とみちょぱのとりしらベイビー」他 多数 掲載:「PRESIDENT」「日刊ゲンダイ」「マネー現代」「アゴラ」「AERA」他 多数

POSTED COMMENT

  1. 宇海 より:

    自己肯定感とコミュニケーション能力は深い関わりがあるということを知りました。コミュニケーション能力を高めたいと思っていたので、自分の自己肯定感、そして自分自身をを見つめ直したいと思います。「好き」を「仕事」にしたいと考えているので、この本を読もうと思いました。

    • ubukata より:

      宇海さん、コメントありがとうございます。
      自己肯定感大切でよね!20歳前に気付けるなんて凄いラッキーですね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です