億万長者になる方法

除菌、洗浄、消臭効果が得られるマグネシウム入浴と効果を持続させる方法

前回の配信で、洗濯洗剤の代わりにマグネシウムを使うメリットについてお伝えしました。マグネシュウムは洗濯の他にも生活の中で役立つ使い方が存在します。
今回は洗濯以外でも役立つマグネシウムの使い方についてお伝えいたします。

目次
1. 現代人に不足しがちな栄養素マグネシウムは肌から吸収
2. マグネシウムをお風呂に入れることで得られる「除菌」「洗浄」「消臭」効果
3. 酸化被膜を除去することで持続的に使えるマグネシュウム
4. 残ったマグネシウムは、タンク式トイレ洗浄剤として利用
まとめ

1.現代人に不足しがちな栄養素マグネシウムは肌から吸収

マグネシウムと聞くと、「科学の実験で勢いよく燃えた柔らかい金属」を思い浮かべる人が多いと思います。実は、人間にとって必要な栄養素であり、カルシウム1に対して同量を摂取しておきたい必須ミネラルなのです。
マグネシウムを多く含む食品は、魚や海藻、納豆、雑穀、果物、天然塩ですが、現代人は十分な量を摂取できていないのが現状のようです。
食事だけではなかなか足らないマグネシウム、食事以外の方法で摂取することも可能です。
その方法はズバリ、お肌から摂取する「経皮吸収」(けいひきゅうしゅう)です。
お風呂の中にマグネシウムを入れておくことで皮膚から吸収することがきるのです。

2.マグネシウムをお風呂に入れることで得られる「除菌」「洗浄」「消臭」効果

洗剤を使わないで洗濯ができる「洗濯マグちゃん」を販売している宮本製作所では、お風呂に入れて水素浴が楽しめる商品「バスマグ」を発売しています。
「バスマグ」はマグネシウム150gが入った袋2個でお値段、約1.4万円。
お風呂に入れてかき混ぜることで、お湯が柔らかくなり、お肌に与える刺激が抑えられるばかりか、「除菌」「洗浄」「消臭」効果があります。
お風呂に入れたマグネシウムの表面から水素が発生することでお湯のpHが平均的な6.8から9前後の弱アルカリ性に変化するからです。

我が家では純度99.9%のマグネシウムを600g、小型のランドリーバッグに入れ使っています。pHは計測していませんが、入浴したとき肌への刺激が少なくなること、入浴後に湯冷めしにくい効果を実感しています。
日本の水道水に含まれる塩素は酸性のためタンパク質でできている皮膚や髪の毛を溶かす作用があります。マグネシウムを入ることで湯が酸性からアルカリ性に変わり、お肌や髪のキューティクルのダメージを防ぐことができるのです。
その他の効能として、毛穴の奥の汚れを除去する、体臭予防、抗菌作用があります。
つまり、水虫予防やアトピーの方のお肌にもよい効果をもたらすのです。
また、保温、保湿効果もあり、入浴後に身体がポカポカ、肌の角質を整えてバリア効果を高めてくれることにもなります。

3.酸化被膜を除去することで持続的に使えるマグネシウム

いいこと尽くめのマグネシウム。市販されている入浴剤やバスソルトと違い、1度購入したらランニングコストがほぼかかりません。
宮本製作所の「バスマグ」の説明では300回使用可能と表記されていますが、酸化したマグネシウムを酢やクエン酸水に入れることで、酸化被膜がとれ、購入時の輝きを取り戻します。
つまり、使い古したマグネシウムも一手間加えるだけで、本来の性能を持つ金属に戻してあげることができるのです。
1度、マグネシウムに炭酸水を注いで水素を発生させたことがあります。炭酸水とマグネシウムが科学反応を起こして大量の水素の気泡が放出され、マグネシウムが黒く変色しました。
水道水との変化はこの化学変化がゆっくり行われるだけに過ぎません。

左:酸化したマグネシウム 右:通常のマグネシウム

4.残ったマグネシウムは、タンク式トイレ洗浄剤として利用

私は4月にマグネシウを1㎏購入しました。洗濯用に300g、お風呂用に600g。残り100g上手い使い道がないか考えた結果、我が家では、トイレのタンクに入れました。もちろん、直接投入したら流れていってしまいますので、目の細かいネットに入れて給水パイプに縛り付けています。
市販されているタンク式トイレ用芳香洗浄剤のような香りや色はつきませんが、タンク内の水のpHがアルカリ性に変わることを考えると、一定の水洗効果があるとともに、継続して使うことで、パイプ内もキレイに洗浄されていくものと予想しています。

トイレ水洗タンクに入れているマグネシウム

まとめ

家庭の「洗濯機」「浴槽」「トイレタンク」に半永久的に利用可能なマグネシウムを使うことで、家庭で使用する洗剤の量を減らすことができるばかりか、家族のお肌や髪を守ることになります。
マグネシウム入浴した残り湯は庭にまけば植物の生育にもよいので非常に環境に優しい循環を作ることにもなります。
マグネシウム1㎏購入したところで2~3千円。早めに生活に取り入れて、お財布にも優しくしてあげたいものです。「善は急げ!」

前回の配信で、洗濯洗剤の代わりにマグネシウムを使うメリットについてお伝えしました。マグネシュウムは洗濯の他にも生活の中で役立つ使い方が存在します。今回は洗濯以外でも役立つマグネシウムの使い方についてお伝えいたします。目次1. 現代人に不足しがちな栄養素マグネシウムは肌から吸収2. マグネシウムをお風呂に入れることで得られる「除菌」「洗浄」「消臭」効果3. 酸化被膜を除去することで持続的に使えるマグネシュウム4. 残ったマグネシウムは、タンク式トイレ洗浄剤として利用まとめ1.現代人に不足しがちな栄養素マグネシウムは肌から吸収マグネシウムと聞くと、「科学の実験で勢いよく燃えた柔らかい金属」を思い浮かべる人が多いと思います。実は、人間にとって必要な栄養素であり、カルシウム1に対して同量を摂取しておきたい必須ミネラルなのです。マグネシウムを多く含む食品は、魚や海藻、納豆、雑穀、果物、天然塩ですが、現代人は十分な量を摂取できていないのが現状のようです。食事だけではなかなか足らないマグネシウム、食事以外の方法で摂取することも可能です。その方法はズバリ、お肌から摂取する「経皮吸収」(けいひきゅうしゅう)です。お風呂の中にマグネシウムを入れておくことで皮膚から吸収することがきるのです。2.マグネシウムをお風呂に入れることで得られる「除菌」「洗浄」「消臭」効果洗剤を使わないで洗濯ができる「洗濯マグちゃん」を販売している宮本製作所では、お風呂に入れて水素浴が楽しめる商品「バスマグ」を発売しています。「バスマグ」はマグネシウム150gが入った袋2個でお値段、約1.4万円。お風呂に入れてかき混ぜることで、お湯が柔らかくなり、お肌に与える刺激が抑えられるばかりか、「除菌」「洗浄」「消臭」効果があります。お風呂に入れたマグネシウムの表面から水素が発生することでお湯のpHが平均的な6.8から9前後の弱アルカリ性に変化するからです。我が家では純度99.9%のマグネシウムを600g、小型のランドリーバッグに入れ使っています。pHは計測していませんが、入浴したとき肌への刺激が少なくなること、入浴後に湯冷めしにくい効果を実感しています。日本の水道水に含まれる塩素は酸性のためタンパク質でできている皮膚や髪の毛を溶かす作用があります。マグネシウムを入ることで湯が酸性からアルカリ性に変わり、お肌や髪のキューティクルのダメージを防ぐことができるのです。その他の効能として、毛穴の奥の汚れを除去する、体臭予防、抗菌作用があります。つまり、水虫予防やアトピーの方のお肌にもよい効果をもたらすのです。また、保温、保湿効果もあり、入浴後に身体がポカポカ、肌の角質を整えてバリア効果を高めてくれることにもなります。3.酸化被膜を除去することで持続的に使えるマグネシウムいいこと尽くめのマグネシウム。市販されている入浴剤やバスソルトと違い、1度購入したらランニングコストがほぼかかりません。宮本製作所の「バスマグ」の説明では300回使用可能と表記されていますが、酸化したマグネシウムを酢やクエン酸水に入れることで、酸化被膜がとれ、購入時の輝きを取り戻します。つまり、使い古したマグネシウムも一手間加えるだけで、本来の性能を持つ金属に戻してあげることができるのです。1度、マグネシウムに炭酸水を注いで水素を発生させたことがあります。炭酸水とマグネシウムが科学反応を起こして大量の水素の気泡が放出され、マグネシウムが黒く変色しました。水道水との変化はこの化学変化がゆっくり行われるだけに過ぎません。左:酸化したマグネシウム 右:通常のマグネシウム4.残ったマグネシウムは、タンク式トイレ洗浄剤として利用私は4月にマグネシウを1㎏購入しました。洗濯用に300g、お風呂用に600g。残り100g上手い使い道がないか考えた結果、我が家では、トイレのタンクに入れました。もちろん、直接投入したら流れていってしまいますので、目の細かいネットに入れて給水パイプに縛り付けています。市販されているタンク式トイレ用芳香洗浄剤のような香りや色はつきませんが、タンク内の水のpHがアルカリ性に変わることを考えると、一定の水洗効果があるとともに、継続して使うことで、パイプ内もキレイに洗浄されていくものと予想しています。トイレ水洗タンクに入れているマグネシウムまとめ家庭の「洗濯機」「浴槽」「トイレタンク」に半永久的に利用可能なマグネシウムを使うことで、家庭で使用する洗剤の量を減らすことができるばかりか、家族のお肌や髪を守ることになります。マグネシウム入浴した残り湯は庭にまけば植物の生育にもよいので非常に環境に優しい循環を作ることにもなります。マグネシウム1㎏購入したところで2~3千円。早めに生活に取り入れて、お財布にも優しくしてあげたいものです。「善は急げ!」https://ubukata-tadashi.com/archives/2467/

ABOUT ME
ubukata
生方正(うぶかた ただし) 明治大学客員研究員。 高校卒業後に海上自衛隊に入隊。 海上自衛隊で映像に関する部内教育を受けたのち写真員となり、インド洋給油支援活動、環太平洋合同訓練など多くのミッションに参加。 撮影した写真は、部内は元より、国内外の新聞、雑誌、TVに採用され、その功績により7度の表彰を受ける。 勤務の傍ら、各種節約術を駆使しながら貯蓄を行い、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資等を実施することで億の資産を築く。  入隊時の目標であった「南極に行く」「幹部自衛官になる」「億万長者になる」をすべて達成した現在は、アーリーリタイアを遂げ、花粉の飛ぶシーズンは海外に所有する別荘に滞在。それ以外は各国を旅している(訪問国:7大陸33カ国)。 朝日新聞社Webメディア「telling」にて『ミレニアル女子のための「新しいお金との付き合い方」101のルール』を連載。 オンライン授業Schooでお金に関する授業を担当。 会員数900万人 ママ向けメディア「ママスタセレクト」では、生活コスト削減コンサルタントとして節約情報を配信中。 テレビ出演:AbemaTV「AbemaPrime」、BS朝日「南極日和」 ラジオ出演:NHK第1「小藪とみちょぱのとりしらベイビー」他 多数 ポットキャスト:「海外ブラックロード」「スタジオスモーキー」他 多数 掲載:「日刊ゲンダイ」「マネー現代」「アゴラ」「AERA」他 多数

POSTED COMMENT

  1. 宇海 より:

    ブリーチした髪のダメージが気になっていたので、マグネシウムでダメージを防げるというのは嬉しい情報です!
    環境に優しく、自分にも、お財布にも優しいなんて、本当にいいこと尽くめですね

    • ubukata より:

      コメントありがとうございます。
      おっしゃる通りなのです!
      多くの人が行動を変えたら自治体が使っている下水処理のコストを下げることができます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です