億万長者になる方法

「財布に関するゲン担ぎ」効果があるかを億万長者が解説2

お財布を使い始めるときに「塩をふって清める」「お香の煙を当てる」「始めの10日間、いつも財布に入れている10倍の金額を入れて寝かす」などのゲン担ぎをする人がいます。

私は、公務員をしながら投資により「億」の資産を築き早期退職しました。
長い間、投資に向き合ったことで、合理性を重視して物事を判断します。そのため、上記のようなゲン担については次のように考えます。
塩は邪気を払うのに昔から使われているが、塩を撒いたあとのかたづけが手間。
お香も浄化作用やリラックス効果があるので多くの国で使われているのは分かるが、お香を焚く習慣がないので、ゲン担ぎのために必要なモノを買いそろえることが余分な支出。
10倍の額のお札を入れておくことに抵抗はありませんが、まとまったお金がない人は「お札の元」(ダミー紙幣)を楽天などで1000円で購入する必要がある。

つまり、私は、これらのゲン担ぎは「実施するのに値しない」と判断します。
このような感じで、下記の5つのゲン担ぎの効果について分析します。

 

1.金運がアップする財布の色

お金を保管する財布の色にこだわる人は多いものです。
赤色は「やる気がでる色」好まれる反面「炎を連想するためお金を燃やす」ことを嫌い避ける人もいます。
青色は、水の色なので、お金が流れる(貯まらない)ことを連想するためゲン担ぎをする人は使いません。
茶色は土を連想する色です、貯め込む力が強いためお金が逃げていかないので好まれます。
黄色や金色は、風水で金運があがるといわれているため、この色の財布は人気があります。

先日、友人と出かけたときに真っ先に目についたのが、前ポケットに入れていた黄色い財布でした。そこで、私が思ったことは「治安の悪い所で、目立つ財布は、ひったくりにあう確率が高まる」でした。
このようにいうと「海外に行くときだけ、古い財布に詰め替えたらいい」と考える方もいると思います。
財布を替えるには、古い財布を保存しておく必要があるばかりか、海外で、使い慣れない財布を使うと支払いがスムーズにできないのでスキを作ることになります。
選ぶ財布の色を変えるだけで、このリスクを減らせるのなら、私は黒や茶色の目立たない色の財布を選びます。

見解:赤、青、黄色の財布を選ぶことは非合理なゲン担ぎと判断します。
財布は目立たない黒、茶色を選ぶことが盗難のリスクを下げられるので金運があがることになります。

2.使い始める日を選ぶことで金運アップ

お財布を使い始める日を「一粒万倍」(いちりゅうまんばい)の日や「大安」「寅の日」など吉日に定めている人もいます。
私は、四柱推命を気にして行動はしませんが、過去の統計に基づき日を定めていることを考えると、何かしらの因果関係はあると考えます。
しかし、この統計学を使うよりも、大学に合格したとき、転職や結婚が決まったときなど、人生のステージが変わるときに使い始める方が、財布にストーリーが加わって愛着がわくと考えます。

見解:統計学には一定の因果関係があると考えますが、人生の大きな転換点に買い替えた方がストーリーが加わりモノへの愛着が増します。

3.金運をあげるお財布を仕舞う場所

お財布の保管場所は寝室の北側、あるいは西側。低いところではなく高いところ。運気を下げるプラスチックではない素材のものに納めるのがよいとされています。
私は、DIYで作った本棚の側面に取り付けた木製サイドポケットに収納しています。もちろん、財布に傷がつかないように柔らかい布を引いた上に置いています。
私がこの場所に財布を仕舞う理由は、取り出しやすいことのほかに、場所を決めておくことで、財布を探す時間をなくすためです。
買い物に出かけて、財布がないことに気づいたら笑いごとではなく貴重な時間を失うことになります。そうならないために、バッグやジャンパーの中に入れっぱなしにして右往左往しない習慣をつけておくことが大切なのです。

見解:合理的なゲン担ぎと認定します(保管する場所を決めて、お財布を大切に取り扱うことで余分な時間や財布の型崩れを防ぐことができます)

我が家の財布置き場我が家の財布置き場

4.財布に入れる、金運アップのお守りや縁起物

商売繫盛の神社のお守りや、七福神や亀が型取られた縁起物を財布にいれてゲンを担ぐ人もいます。
私は、限られた財布内のスペースに、これらを入れること、1gでも重たくすることを嫌います。
財布は、お金や支出を減らすのに役立つクーポンを入れるモノであると考えているからです。
そんな考えの持ち主でも2つゲン担ぎのアイテムを入れています。
1つはキンピカの8憶円札。1万円札のデザインを8憶円にもじったダミー紙幣です。
大きさは7.6㎝×16.1㎝、重さ4g。紙とは違う固い素材でできているため財布の中のマチ(間仕切り)として整理整頓のために使っています。

見解:不合理的なゲン担ぎと認定(ただし、物理的にかさばらずに、役立つ用途がある場合は使うこともやむを得ない)

5.魅惑のアイテム、名刺香(めいしこう)

昔から高雅な香りをはぐくむ香木として珍重されていた伽羅(きゃら)には邪気を払い、心を落ち着かせる効果があります。
そんな匂いを名刺交換のときに相手に届けられたらいい印象を与えられます。その香りつけのために売られている商品が名刺香です。
私は、10年以上前から財布の中にいれるようにしています。なぜかと言ったら会計をするとき、渡した紙幣から素敵な香りが漂ったら恰好いいからです。
副次的な効果として、お金を抜かれても10分程度なら匂いが残っているので自分のモノと識別することができます。
名刺香は5.5㎝×5.5㎝ 厚さ1㎜、重さ3g、価格400円弱。かさばらずに半年間、効果が持続します。

見解:名刺香の値段は1個400円弱。話のネタになるので1度使ってみる価値はある

 

まとめ

お金に関するゲン担ぎを全くしないことも夢がない気がします。
本当に効果があるかは別として、手間のかからないモノなら挑戦してもデメリットになることはありません。
ゲン担ぎをされている方との共通の話題作りにもなることを考えると、こだわりのある自分なりのゲン担ぎを2~3持っておくことも悪くはありません。

1億円札を財布に入れて金運があがる理由を解説金運をあげるジンクスはたくさんあります。 世界中で多くの人が何かしらの「ゲン担ぎ」をしていますが、私は長い間、投資と向き合ってきたので...

詳細ページ

ABOUT ME
生方 正
生方正(うぶかた ただし) 明治大学サービス創新研究所研究員 高校卒業後に海上自衛隊に入隊。 海上自衛隊で映像に関する部内教育を受けたのち写真員となり、インド洋給油支援活動、環太平洋合同訓練など多くのミッションに参加。 撮影した写真は、部内は元より、国内外の新聞、雑誌、TVに採用され、その功績により7度の表彰を受ける。 勤務の傍ら、各種節約術を駆使しながら貯蓄を行い、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資等を実施することで「億」の資産を築く。  入隊時の目標であった「南極に行く」「幹部自衛官になる」「億万長者になる」をすべて達成した現在は、アーリーリタイアを遂げ、花粉の飛ぶシーズンは海外に所有する別荘に滞在。それ以外は各国を旅している(訪問国:7大陸33カ国)。 朝日新聞社Webメディア「telling」にて『ミレニアル女子のための「新しいお金との付き合い方」101のルール』を連載。 オンライン授業Schooでお金に関する授業を担当。 会員数900万人 ママ向けメディア「ママスタセレクト」では、生活コスト削減コンサルタントとして節約情報を配信中。 テレビ出演:AbemaTV「AbemaPrime」、BS朝日「南極日和」 ラジオ出演:NHK第1「小藪とみちょぱのとりしらベイビー」他 多数 掲載:「PRESIDENT」「日刊ゲンダイ」「マネー現代」「アゴラ」「AERA」他 多数         

POSTED COMMENT

  1. モーモーさん より:

    8億円札知りませんでした
    どうせなら効果的な物をお財布に入れたいです^_^

  2. 宇海 より:

    名刺香を初めて知りました!
    紙幣がいい香りになるんですね(^^)

  3. TK より:

    名刺香凄く興味があります。
    ゲン担ぎの探求もかなり勉強になります。

    私は1万円を1000円札10枚にして持ち歩くの好んでいます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です