億万長者になる方法

宝くじを買った人が「億万長者」になれる確率?

「宝くじ」買ってますか?
高額当選したことを想像すると「仕事を辞める」「家を買う」「車を買い替える」など夢は膨らみますよね~
しかし、現実は、抽選結果を確認したあと、わずかな当選金を受け取り、夢をキャリーオーバーさせることになります。

ジャンボ宝くじは「バレンタイン」「ドリーム」「サマー」「ハロウィン」「年末」とオールシーズン用意されています。
もちろん、ジャンボくじが発売されていない間も「レインボーくじ」「幸福の○○くじ」など、発売エリアと額面、当選金額を変えた宝くじが次から次へ用意されています。
もちろん、毎週買いたい人には「LOTO6」「NUMBERS」「BINGO5」が対応してくれます。
つまり、宝くじは、1つの娯楽産業であり、社員を雇い売り場をおさえている限り、1年中売り続ける必要がある構造になっています。

1. 宝くじで1等が当たる確率は?

2018年の年末ジャンボで使われたキャッチフレーズ「億万長者になれるチャンス!!」
確かに買わなければ当たりませんのでこのキャッチフレーズに嘘はありません。では、どれくらいの確率で億万長者になれるのでしょうか?
2018年の年末ジャンボの発行予定枚数4.8億枚。
1億円以上の当選金がもらえるのは1等:24本、前後賞:48本、合計:72本
つまり、666万枚に1枚の確率になります。
例えるなら、5.5万人が入場した121個の東京ドームで億を超える宝くじに当選する人は1名!天文学的な確率になります。

2. 宝くじの胴元の取り分は驚きの38%

自衛隊で勤務していたときに、年に何回か採血に来るバスの車体に「宝くじ号」と書かれているのを目にした記憶があります。
日本赤十字のHPを見ると2017年の時点で累計479台。金額にして143億円分の採血バスが贈られたと書いてあります。
宝くじの収益金の使い道は自治体により違いはありますが、道路整備、子育て支援、図書館整備など地方財政になくてはならない財源となっています。
では、宝くじの胴元にあたる地方自治体はどれくらい徴収しているのか?
宝くじの印刷や販売経費14%、当選者に支払われる当選金46%、地方自治体38%、社会貢献、広告2%
この比率で試算すると、年末ジャンボが全部売れた場合547億円が自治体に入ることになります。

3.人気ユーチューバーの実験結果

今、流行の「ユーチューバー」ヒカルさんが「1千万円分の宝くじを購入していくら当選金として戻ってくるのか?」実験をしています。
結果は驚きの350万円=35%。
当選金は購入価格の46%といわれているのに対してヒカルさんに支払われた当選金は35%。還元率が低いように感じますが、1枚購入して1等を引き当てた人の還元率が2億3千万%以上になることを考えると、平均すると35%前後に落ち着くということが解ります。

4.当選しても期限内に換金しないと権利を失う

せっかくの当たりくじも引き換えなければ、紙切れになってしまいます。
交換できる期間は支払開始日から1年以内。
100万円以上の当選金を受け取るのには「当たりくじ」「本人確認書類」を持参して、みずほ銀行に出向く必要があります。
ちなみに、当選金が振込まれるまでに1週間ほどかかるようです。

まとめ

1.  1億以上の当選金を受取れるくじは666万枚に1枚しかない。
2. 宝くじに消費税はかからないが、売り上げの38%は自治体の財源となる。
3. 人気ユーチューバーの実験結果によると現実的な還元率は35%。
4. せっかく当選しても、支払開始日から1年以内に換金しないと権利を失う。

宝くじは高額当選をしたあとの生活を空想するためのモノである。
外れたからといって腹を立ててはいけない!そもそも、購入者が儲かる仕組にはなっていないのだから。

読書習慣がもたらす、「成功者」と「そうでない人」のギャップ!!!普段から本を読む習慣がある人ほど、年収が高い。こんな話がありますが、あなたはどう思いますか? 一説によると、日本では社会人の30%以上が...
ABOUT ME
ubukata
生方正(うぶかた ただし) 明治大学客員研究員。 高校卒業後に海上自衛隊に入隊。 海上自衛隊で映像に関する部内教育を受けたのち写真員となり、インド洋給油支援活動、環太平洋合同訓練など多くのミッションに参加。 撮影した写真は、部内は元より、国内外の新聞、雑誌、TVに採用され、その功績により7度の表彰を受ける。 勤務の傍ら、各種節約術を駆使しながら貯蓄を行い、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資等を実施することで億の資産を築く。  入隊時の目標であった「南極に行く」「幹部自衛官になる」「億万長者になる」をすべて達成した現在は、アーリーリタイアを遂げ、花粉の飛ぶシーズンは海外に所有する別荘に滞在。それ以外は各国を旅している(訪問国:7大陸33カ国)。 朝日新聞社Webメディア「telling」にて『ミレニアル女子のための「新しいお金との付き合い方」101のルール』を連載中。 オンライン授業でお金に関する授業を担当中。 会員数900万人 ママ向けメディア「ママスタセレクト」では、生活コスト削減コンサルタントとして節約情報を配信中。 テレビ出演:AbemaTV「AbemaPrime」、BS朝日「南極日和」 ラジオ出演:NHK第1「小藪とみちょぱのとりしらベイビー」他 多数 ポットキャスト:「海外ブラックロード」「スタジオスモーキー」他 多数 掲載:「日刊ゲンダイ」「マネー現代」「アゴラ」「AERA」他 多数