億万長者になる方法

TPOに合った服装を選ぶのに支払うコスト

「身に付けている服装により、他人に与える影響は多きく変わる」有名な著書『人は見た目が9割』の中で書かれていることです。
私はこの部分に注意を払ってこなかったため大きな損出をしてきました。
今回は、社会人がTPOに合った服装を身に付ける重要性と外さない服を選ぶ方法についてお伝えします。

1. 『人は見た目が9割』は本当だった

『人は見た目が9割』という100万部売れている本があります。
その本によると「人は出会った数分間で他人の内面を含めた9割を判断している」ようです。
つまり、性格の良い人、高い知識を持つ人も第一印象が悪ければ、外見に引っ張られてネガティブな印象から人間関係を始めることになります。
確かに一介のサラリーマンがくたびれたスーツを着ているのに対して、自動車、マンションなど高額商品を扱う営業は高いスーツを着ているイメージがあります。
高額商品を扱う人は、見た目を良くすると成約率があがることを知っているから、そこにお金をかけているのだと思います。
つまり、できる人は、仕事になるか分からない状態から、服装はもちろん、声のトーン、立ち振る舞いまで気を付けているのです。

2. 服装に気を使わなかった理由は、制服・筋トレ

私は長年、服装に気を使うことをおろそかにしてきました。
というのも、20年以上、海上自衛隊で勤務していたため、支給された制服を手入れして着ていればよかったからです。
特に、海外ミッションに参加するときは、私服を着る機会は半年間で10日。そのような環境で勤務していたからです。
また、筋トレを続けていため身体が逆三角形となり、店頭に並ぶスーツが着れなくなりオーダーしたモノを身に付けていました。
そんなワケで、仕事は制服、フォーマルなシーンではオーダースーツ。「この部分ができていれば社会人として問題はない」と思い込み、トレッキングに行くような恰好で銀座や六本木に出かけていて周りの方に奇妙な目で見られていました。
自分のカジュアルな服装に問題があることを痛感したのは、雑誌『プレジデント』の取材を受けたときでした。
取材現場に現れた友人カメラマンから、服装についてダメ出しされたのです。取材対象として選んだ億万長者が冴えない恰好をしていたので記事にしづらかったのだと思います。

3. 社会人必須、ファッションに関する知識

そもそも、ファッショに関する知識はどこで学ぶものなのでしょうか?
服飾に関する仕事に就く方々は服飾やデザインの専門学校で勉強すると思いますが、それ以外の方は家庭や学校で教えてもらうものなのでしょうか?
それとも、ファッション誌を定期購読して自分で磨くモノなのでしょうか?
私がファッションについて気づきを得たのは、友人が紹介してくれたイメージコンサルタントのセミナーを受講したときでした。
「スーツは肩幅が合っていることが重要であり身丈の長さはお尻が隠れる長さ」。
「フォーマルなスーツを着るときはボタンダウンや華美な装飾が施されたYシャツを避ける」「クールビズとは、ドレススーツからネクタイを無くすことではなく、カジュアルスーツを着ること」等、着こなしに関する定義を知りました。
ファッションに関する知識を持つ人は、定義から外れた人を見ると「残念な着こなしをしている人」と気づくため、自分が今まで大きな機会損失してきたと悟りました。

4. 最短でTPOに合った服をそろえる方法

「ファッションに関する知識は本を1冊読んだらOK」といったモノではありません。
着ていく場所や時期、相手にどんな印象を与えたいのかなどTPOにより大きく変わります。
自分で正しくコーディネートできるようになるまでは相当な知識と経験が必要となることが分かりました。
私はファッションに関するセミナーを2度受講したあとにイメージコンサルタントにコーディネートを依頼しました。
銀座でイージーオーダーを注文したあと、別のお店でYシャツをオーダー。その後、靴屋で服装に似合う靴、最後はUNIQLOでニットやソックスをまとめ買い。
プロと一緒の買い物は、外れたモノを選ぶ心配がないうえに、選んだ理由をその場で聴くこができファッションに関する知識を増やすことができます。また、接客する店員も適当なことをいえなくなるので安心して買い物することができます。
結局、1シーズンの服装代は15万円、買い物に使った時間は2時間弱、コンサルタント費は3万円でした。

5. コンサル代3万円は高いのか?安いのか?

今までスーツ、ネクタイ、靴を購入するとき、単体でいいと思ったモノを選んでいたため、出番の少ないアイテムを作りだしてきました。
それに対して、コンサルタントは「どんなシーンに着て行くのか」から考えてスーツ、Yシャツ、靴をトータル的に選びます。
もちろん「ベルトは靴と同じ質感のモノで統一」「ネクタイはスーツを着たときに映えるモノを選ぶ」などポイントを外すことはありません。
つまり、コーディネーターの選んだ服を使うシーンに合わせて着ていれば、どこに行っても恥ずかしい思いをすることはなないということです。
私はファッションに興味ないからこそ、残念な服装をしていたのです。センスを改善するのには、知識の習得に時間を投下する必要がありますが3万円でこの時間を無くすことができるうえに、外さないコーディネートを選択できたことを考えるとコンサル料は妥当、むしろ安いと感じました。
また、購入したアイテムは自宅で洗濯ができるモノを選んだため、今後クリーニングに出しに行く手間も費用もなくなります。
これらを考えると、今回投下した金額には数年で回収できると考えます。

コンサルタントが載っている書籍

まとめ

友人から服装をダメ出しされたときに「上から下までハイブランドで身を固めるべき」と考え、値札を見たらトレーナー1枚20万円。全身揃えたら200万円かかるコスパの悪さに驚きました。
今回、コンサルタントの力を借りることで1シーズンの衣装代はハイブランドのトレーナー1枚分で抑えることができました。
さらに、服装を替えたことで、これから出会う方との御縁がつながりやすくなったと考えます。
物事を効率よく進めるコツは、知恵や経験を既に持っている方の力を借りることが最短であり、そのために支出することは良い投資であると肌身に感じました。
今回、お世話になったイメージコンサルタント:坂井二朗さんへの質問はこちらから。


「奄美シュノーケリング」お勧め「うみガメ隊ツアー」「古仁屋」の有名ゲストハウス「昭和荘」で出会った旅人に「アイランドホッピングツアー」に誘われました。 聞くところによると、クルーザーを...
ABOUT ME
生方 正
生方正(うぶかた ただし) 明治大学サービス創新研究所研究員 高校卒業後に海上自衛隊に入隊。 海上自衛隊で映像に関する部内教育を受けたのち写真員となり、インド洋給油支援活動、環太平洋合同訓練など多くのミッションに参加。 撮影した写真は、部内は元より、国内外の新聞、雑誌、TVに採用され、その功績により7度の表彰を受ける。 勤務の傍ら、各種節約術を駆使しながら貯蓄を行い、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資等を実施することで「億」の資産を築く。  入隊時の目標であった「南極に行く」「幹部自衛官になる」「億万長者になる」をすべて達成した現在は、アーリーリタイアを遂げ、花粉の飛ぶシーズンは海外に所有する別荘に滞在。それ以外は各国を旅している(訪問国:7大陸33カ国)。 朝日新聞社Webメディア「telling」にて『ミレニアル女子のための「新しいお金との付き合い方」101のルール』を連載。 オンライン授業Schooでお金に関する授業を担当。 会員数900万人 ママ向けメディア「ママスタセレクト」では、生活コスト削減コンサルタントとして節約情報を配信中。 テレビ出演:AbemaTV「AbemaPrime」、BS朝日「南極日和」 ラジオ出演:NHK第1「小藪とみちょぱのとりしらベイビー」他 多数 掲載:「PRESIDENT」「女性セブン」「日刊ゲンダイ」「マネー現代」「からだにいいこと」「アゴラ」「小学館8760」「AERA」「家主と地主」他 多数 YouTube:「本要約チャンネル」「フェルミお金大学」「越境3.0」「【特撮と投資】ルネ岩田」「時間管理の専門家 石川和男の 『ビジネスパーソン・チャンネル』」「【沖本るり子の大部屋『著者の本棚』」「インベスターズTV」「朝カツ大盛り!!YouTubeライブ」         

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です