北海道1人旅、レンタルバイクで周るグルメと観光!

北海道オススメ「ライダーハウス7選」(2023年)

1位:来運水の学校【斜里町】

「小学校校舎を改装した宿泊施設が快適」と、日本一周中のライダーが話だしたとき、喜茂別の「雪月花廊」だと思っていると、斜里の「来運水の学校」と言います。
初めて聞いた名前。「斜里で安く泊まれる宿はクリオネキャンプ場」一択と思っていましたが、状況は変わり新しいライハがオープンしていました。
次の日、根室から野付半島経由、200㎞走行して泊まりに行きました。
斜里の中心部から南に5㎞、景色は畑から山に変わり本当に宿泊施設があるのか不安になった頃に校舎が現れました。
時期は7月中旬、夏休みに入る前だったのと、男女あわせて40床以上のベッドがあると聞いていたので予約なしで訪問しました。
古びた廃校を想像していましたが、建物は数年以内に外壁塗装された立派な鉄筋コンクリート造。
校庭はテントを張るスペース、屋根付き駐輪場は運動会等で使われていた学校名の入った仮設テント、校舎横の教員住宅は貸別荘。古い物を上手に生かして運営しています。
宿泊場所は校舎2階。イビキ部屋と普通の部屋、自分の使いたい方を選びます。
室内は複数の木製2段ベッドが置かれていますが、マットレスが敷かれているのは1階部分、2階を荷物置き場として使います。
トイレ、シャワー、洗濯機など共有スペースは1階。
理科室は禁煙者用のキッチンとリビングスペース。
隣の部屋は2台のシンクと調理器具を設置した喫煙者用のキッチン、リビング。
天井が高く、整理整頓されているのでとっても居心地がよい宿で校舎の裏には、整備工具の揃ったピットがあり宿泊者は無料でバイク整備をすることができます。
近くに散策ついでにミネラルウオーターを汲める神社があるため水には困りません。

残念な点を挙げるとしたら、「買いできる場所まで遠い」「携帯の電波が圏外になることが多い」ことです。

宿泊中に感じたメリット、デメリットは下記の通り。
メリット
・天井の高い整理整頓された環境で過ごせる。
・屋根付き駐輪場完備。
・キッチン、リビングが禁煙、喫煙に分かれている。
・校門付近に夏限定カフェが営業している。
デメリット
・買い物できる場所まで遠い。
・スマホの電波がほとんど圏外。
・私が宿泊した間、Wi-Fiが不通だった。
・トイレが簡易水洗。
・管理人の態度が横柄。

【住所】北海道斜里郡斜里町来運117番地(旧来運小学校内)
【宿泊】2段ベッド、マットレスあり1000円(ライダー、チャリダーのみ利用可)
【期間】不明
【その他】Wi-Fi(弱)、乾燥機100円 、冷蔵庫・電子レンジあり

来運水の学校【斜里町】(撮影:生方正)来運水の学校(撮影:生方正)

2位:雪月花廊【喜茂別町】

北海道のライダーハウスを代表する人気宿「雪月花廊(せつげっかろう)」。
札幌市の南西に位置する喜茂別町。
苫小牧、函館、小樽に移動するのに丁度いい場所にあります。
元小学校を宿泊施設にした施設は巨大。90mを超える廊下の移動は、キックボードを使います。
体育館も完備されているので、宿泊者同士でバスケットボール、トランポリン、一輪車乗りなど、ツーリング中の運動不足解消ができます。
小川が流れる裏庭で、釣りや焚火、キャンプすることも可能。
規格外の宿を切り盛りするのは、人柄が素晴らしく、料理上手の「かかさん(おかあさん)」。
草刈りや薪割りなど施設の整備は、遠方から来た常連さんが無償で手伝います。
多くの宿泊客が宿のファンとなり、再訪するばかりか「作業することを楽しみに思っている」多くのファンを魅了する不思議な宿です。

宿泊中に感じたメリット、デメリットは下記の通り。
メリット
・自然に囲まれた素晴らしい環境で過ごせる。
・レトロカフェで提供される食事がうまい。
・日本一周中の旅人、旅の猛者から面白い話を聞ける。
デメリット
・買い物できる場所まで遠い。
・建物が古い、掃除が行きとどいていない。
・浴室が狭い、入浴時間が限られているためタイミングを見計らって利用する必要がある。
・露天駐輪。
【住所】北海道虻田郡喜茂別町中里392
【宿泊】朝夕2食付き相部屋雑魚寝3000円、素泊まり1000円(ライダーハウス利用は寝袋持参)、初回に発行されるライダー会員証500円(旅を辞めるまで有効) キャンプ場としても利用可能
【期間】ライダーハウスは5月~10月末 ゲストハウスの営業は通年(閑散期に長期休業することも)
【その他】Wi-Fi(強)、洗濯機利用100円 、冷蔵庫・電子レンジあり

雪月花廊【喜茂別町】(撮影:生方正)雪月花廊(撮影:生方正)

3位:ライダーハウスあっけし【厚岸町】

釧路と根室の間に位置する厚岸町。
特段、観光するところもないため素通りしてしまう場所ですが、昔から牡蛎の養殖が有名で気になっていたので立ち寄りました。
宿泊したのは、ライダーハウスあっけし。
釧路市と根室市を結ぶ国道44号線から数十m入った場所に建つライハです。
周辺に何もないと思いきや、200m北にJR尾幌駅(おぼろえき)があるため、徒歩圏内にセブンイレブン、ガソリンスタンド、食堂、郵便局があり便利でした。
この宿の1番の売りは、なんといっても牡蛎。
ご主人が契約している牡蛎販売店で、新鮮な牡蛎を1個120円で購入できます。
食べ方は、牡蛎を丼ぶりに入れてサランラップをしたあと、電子レンジで2分加熱したら茹で牡蛎のできあがり。
人生経験豊富なご主人の話がとっても面白いので1時間以上、雑談させて頂きました。
建物は古く整理整頓がおざなり気味ですが、それを補うだけの経験をすることができる価値ある宿です。

宿泊中に感じたメリット、デメリットは下記の通り。
メリット
・屋内駐輪場完備。
・本格的に整備できる場所と工具を完備。
・五右衛門風呂に入れる(無料)。
・女子の宿泊は離れの建物。
デメリット
・建物が古く、整理整頓が行き届いていない。
・リビングの照明が暗い。
・Wi-Fi提供なし。
・汲み取り式トイレ。

【住所】北海道厚岸郡厚岸町尾幌
【宿泊】宿泊費ではなく駐輪場代1000円(現金支払い)
【期間】ゴールデンウイーク~9月
【その他】Wi-Fi無、洗濯機利用200円、冷蔵庫・電子レンジあり

ライダーハウスあっけし(撮影:生方正)ライダーハウスあっけし(撮影:生方正)

4位:ヤドカリの家【帯広市】

道央と道東の間に位置する帯広は、昔から食文化の豊かな場所です。
16万人以上の人口のある地方都市なので、ホテルや旅館はもちろん低価格で宿泊できるライダーハウスも3~4件在ります。
そんな中でも、創業が長く、名前が通っているのが「ヤドカリの家」。
古い鉄筋コンクリート造の宿泊施設ですが、寝る場所は改修されたばかりの木製パーテーションでプライバシーが守られています。
昼間は観光、夜は宿泊者同士、リビングスペースで酒盛。
宿を切り盛りするおかみさんが酔っぱらうと矢沢永吉を熱唱。

宿泊対象者は自転車を含む2輪旅行者。ヒッチハイク、電車移動の方は宿泊できません。
長期滞在者は2階の別部屋に宿泊。

宿泊中に感じたメリット、デメリットは下記の通り。
メリット
・改修工事後のドミトリーがキレイで使いやすい。
・貸出用の自転車で温泉や町内まで足を延ばせる。
・日本一周、北海道一周中の旅行者から貴重な話を聞ける。
・初見さんは、宿のオリジナルステッカーがもらえる。
デメリット
建物、施設が古くてみすぼらしい。
共有スペースが充実していない。
未舗装、露天駐輪。

【住所】北海道帯広市東9条南16丁目1−14
【宿泊】素泊まり1000円(現金支払い)
【期間】通年
【その他】Wi-Fi(中)、洗濯機利用200円 、冷蔵庫・電子レンジあり

ヤドカリの家(撮影:生方正)ヤドカリの家(撮影:生方正)

5位:ライダーハウス鈴木【根室市】

日本で1番早く朝日を望める「納沙布岬(のさっぷみさき)」のすぐ近くにあるライハ。
灯台近くでサンマ丼を提供している食堂のオーナー自宅です。
チェックイン時間は16時以降ですが、雨天の場合は1時間早く入室できます。
宿泊場所は、和室に布団を敷いた雑魚寝ですが、洗濯機やキッチン用品を無料で借りられるので助かります。
オーナー宅にゲストがお邪魔する関係で「シャワーは15分以内」「ゴミの分別」「消灯時間」など細かなルールが定められていますが、1泊1600円で宿泊できることがありがたい。
いままで、色々な問題が起きた後に定められた注意事項なのだと思います。

宿泊中に感じたメリット、デメリットは下記の通り。
メリット
・広い舗装駐車場完備。
・洗濯機無料、自炊可能。
デメリット
・Wi-Fi提供なし。
・家主であるオーナーと同じ空間を共有するため気を使う。
・汲み取り式トイレ(すぐ隣に水洗式公衆便所あり)。
・露天駐車。

【住所】北海道根室市納沙布35-2
【宿泊】素泊まり1,600円(雑魚寝のみ、クレジットカード不可)、男性14名まで  女性3名まで
【期間】4月1日〜10月末
【その他】Wi-Fi無し、洗濯洗剤100円 、冷蔵庫・電子レンジあり

ライダーハウス鈴木(撮影:生方正)ライダーハウス鈴木(撮影:生方正)

6位:バイクステーション帯広【帯広市】

日本で1番大きいバイク販売専門店レッドバロンが運営する宿泊施設。
国道沿いの利便性の高い場所にあり、キッチンやシャワー室、洗濯室が完備のうえにシャンプーやボディーソープ、洗濯洗剤なども設置されています。
全室個室2段ベッド、TV付。
マットレスが薄いことが不満でしたが、それ以外はとっても快適です。
そんな快適な宿が上位に入らないのは、レッドバロンで購入した人以外は宿泊費がメンバー価格の2倍4400円かかるうえに、ハイシーズンは予約をとりづらいからです。
レッドバロンでバイクを購入した人は、1泊2200円で泊まれるので利用しない選択肢はないと言っても過言ではありません。

宿泊中に感じたメリット、デメリットは下記の通り。
メリット
施設内が整理整頓されていて気分よく泊まれる。
玄関にスプレー式チェーンオイルが設置されている。
自販機で売っている清涼飲料水の価格が全て50円。
巨大な屋内駐輪場完備。
デメリット
・Wi-Fi提供なし。
・宿泊者が多いと洗濯機、乾燥機の取り合いになる。
・昔は設置してあったらしい洗車場が現在はない。
・非会員は1泊4400円。
【住所】北海道帯広市西10条北1丁目2
【宿泊】会員2200円、非会員4400円(クレジットカード不可)
【期間】チェックイン3月~10月 15:00~20:00、11月~2月 15:00~19:00
【その他】Wi-Fi(なし)、洗濯機、乾燥機利用無料 、冷蔵庫・電子レンジあり

バイクステーション帯広(撮影:生方正)バイクステーション帯広(撮影:生方正)

7位:GUEST HOUSE MASAGO (ゲストハウスまさご)【浦河町】

ライダーハウスのない道南の南側、日高地方で低価格で宿泊できるゲストハウス。
昼過ぎに苫小牧に到着するフェリーで来道した人が、襟裳岬に行くのに便利な場所にあります。
宿泊施設のある周辺はひなびた町。出歩くことよりも今後の旅定を決めることを優先して宿で過ごしました。
ドミトリー1泊4000円。都内のサウナ付きカプセルホテルより高い値段に驚きましたが、競争原理が働かないエリアなので仕方ありません。
東京を出発する前に、近隣の旅館に電話しましたが素泊まり宿泊費はもっと高かったことを考えると、4000円で泊まれることがありがたいです。

宿泊中に感じたメリット、デメリットは下記の通り。
メリット
・リビングに電子レンジ、トースター、ポットが置かれている。
・掃除が行き届いていて快適。
・同じビルにある銭湯を無料で利用できる。
・フロントに、ラーメン店の100円割引チケットが置かれている。
デメリット
・フロントスタッフの態度が横柄。
・リビングのテレビのボリュームが大きいため他のゲストとの会話をしづらい。
・舗装済、露天駐車。

【住所】北海道浦河郡浦河町堺町東1丁目11−1
【宿泊】ドミトリー4000円、シングル5500円(銭湯入浴料込)
【期間】通年
【その他】Wi-Fi(中)、洗濯機利用100円 、冷蔵庫・電子レンジあり

GUEST HOUSE MASAGO (ゲストハウスまさご)(撮影:生方正)GUEST HOUSE MASAGO (ゲストハウスまさご)(撮影:生方正)

8位:旅人宿昭栄 shoei Backpakers【弟子屈町】

道東の南、釧路の北40㎞に位置する弟子屈(てしかが)町。
人口7000弱の小さな町、宿泊する魅力は乏しいですが、阿寒摩周国立公園、屈斜路湖、硫黄山を観光するのに便利な位置にあります。
弟子屈町で唯一見つかったライハは、「旅人宿昭栄shoei Backpakers」。
小さな平屋の和室に2段ベッドを詰め込んだような宿泊施設です。
猟師をしている宿の主人の偉そうな態度が癇にさわりましたが、宿泊者と楽しい時間を過ごすことができました。

宿泊中に感じたメリット、デメリットは下記の通り。
メリット
・建物は古いが室内は比較的整理整頓されている。
・簡易的な屋根付き駐輪場完備。
・豊富な漫画が所蔵されている。
デメリット
・宿のご主人の態度が横柄。
・コンビニやスーパーまで遠い。
・シャワールームの使い勝手が悪い。
・汲み取り式トイレ。
【住所】北海道川上郡弟子屈町熊牛原野27 線 東 1
【宿泊】ドミトリー2000円(クレジットカード不可)
【期間】不明
【その他】Wi-Fi(中)、洗濯機利用200円 、乾燥機利用300円、冷蔵庫・電子レンジあり

旅人宿昭栄’(撮影:生方正)旅人宿昭栄’(撮影:生方正)

まとめ

私が宿泊した施設のランキングを書かせて頂きました。
一般的に北海道のライダーハウス運営は、ゴールデンウイーク~9月末。年7か月間物件を稼働させられないため利益を出すことが難しいビジネスです。
そんな、儲からない事業を続けるオーナーは、人と接するのが好きな方が多く、楽しいから継続しているように見えます。
つまり、身体が不自由になれば、継承する人が現れることなく廃業・・・。
そうならないために、利用者ができることは、施設をキレイに使って宿側の負担を減らす、気持ちよい態度で接することくらいです。
北海道各地のライハがなくなれば、宿泊施設はホテルや旅館などに変わり、快適になった分、旅費が高くなり北海道の魅力も低下することになります。
何よりもったいないのは、他の旅行者との交流、地域に根差した文化を知る機会が失われことです。
私はそうなる前に、北海道に足しげく通い東京の暑い夏を避けています。
ライハを利用される方は、経営される宿側の事情も考えて利用したいものです。

北海道に滞在した期間:2023年7月13日~7月22日

改善されていた北海道ツーリングのゴミ問題2020年に初めて挑戦した北海道ツーリング。 大変に素晴らしい経験をさせて頂きました。 1点、残念だったのは移動中に立ち寄ったセイコ...

ABOUT ME
生方 正
生方正(うぶかた ただし) 明治大学サービス創新研究所研究員 高校卒業後に海上自衛隊に入隊。 海上自衛隊で映像に関する部内教育を受けたのち写真員となり、インド洋給油支援活動、環太平洋合同訓練など多くのミッションに参加。 撮影した写真は、部内は元より、国内外の新聞、雑誌、TVに採用され、その功績により7度の表彰を受ける。 勤務の傍ら、各種節約術を駆使しながら貯蓄を行い、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資等を実施することで「億」の資産を築く。  入隊時の目標であった「南極に行く」「幹部自衛官になる」「億万長者になる」をすべて達成した現在は、アーリーリタイアを遂げ、花粉の飛ぶシーズンは海外に所有する別荘に滞在。それ以外は各国を旅している(訪問国:7大陸33カ国)。 著作:「高卒自衛官が実現した40代で資産2億円をつくる方法」(あさ出版)、「攻めの節約」(WAVE出版) 朝日新聞社Webメディア「telling」にて『ミレニアル女子のための「新しいお金との付き合い方」101のルール』を連載。 オンライン授業Schooでお金に関する授業を担当。 会員数900万人 ママ向けメディア「ママスタセレクト」では、生活コスト削減コンサルタントとして節約情報を配信中。 テレビ出演:AbemaTV「AbemaPrime」、BS朝日「南極日和」 ラジオ出演:NHK第1「小藪とみちょぱのとりしらベイビー」他 多数 掲載:「PRESIDENT」「女性セブン」「SPA」「日刊ゲンダイ」「マネー現代」「からだにいいこと」「アゴラ」「小学館8760」「AERA」「家主と地主」他 多数 YouTube:「本要約チャンネル」「フェルミお金大学」「越境3.0」「隣の金持ち探偵団」「【特撮と投資】ルネ岩田」「時間管理の専門家 石川和男の 『ビジネスパーソン・チャンネル』」「【沖本るり子の大部屋『著者の本棚』」「インベスターズTV」「朝カツ大盛り!!YouTubeライブ」         

POSTED COMMENT

  1. モーモーさん より:

    ライダーハウス、素敵ですね。やはり、安価で泊まらせて頂けるだけでありがたいですね^_^
    あと、やはり、wifiと携帯がつながりやすいのが嬉しいかもです^_^

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です