北海道1人旅、レンタルバイクで周るグルメと観光!

北海道を格安で楽しむレンタルバイクの旅!!!

北海道ツーリングと聞くと、気候のいい夏の北海道を大型バイクでかっ飛ばす!そんなイメージをされる方が多いと思います。
時間短縮のために、高速道路を使って東北を縦断して北海道に行くことを考えるとその選択になります。
しかし、飛行機で北海道に飛んで、レンタルバイクで各地を周ることも可能です。むしろ、格安航空会社と低排気量のバイクを組み合わせると、北海道までの移動時間とコストを大きく省くことができるのです。
コスパを重視する投資家目線で考えると、ここで浮かしたお金で宿泊場所をテントではなく屋根付きの宿泊施設にする。北海道のオイシイ物を鱈腹食べることに使いたいと考えてしまうのです。

1.北海道バイクツーリング、LCCとレンタルバイクで10日間10万円

私の自宅があるのは神奈川県。北海道でバイクを使うために3つの方法を模索しました。
⑴ 羽田空港まで自走して、ガソリンを抜いてもらってから飛行機に乗せる
⑵ 事前に手配したトラックで陸送する
⑶ 茨城県大洗港まで走行して苫小牧行のフェリーで移動
・空輸は時間的な拘束が少ない分、輸送に数万円支払うことになる
・トラックで陸送してもらうのにも5万円かかるうえに、出発する数日前にバイクを預ける必要がある
・一番コストがかからない船便は、片道10000円の運賃とバイク輸送運賃(51~400㏄)12000円、合計22000円。
安く移動することは可能ですが、フェリー乗船時間18時間に加え、自宅から大洗までの移動に6~7時間かかるためトータル移動時間は24時間

上記条件を踏まえ、私が選んだ方法は、札幌でレンタルバイクを借りる方法でした。
選んだ車種はヤマハNMAX125㏄、1日のレンタル料は保険代を含め5000円強。
1か月前に予約できたのが10日間。付けたオプションはスマホホルダーのみ。10日で5万円強なら悪くないコスパだと判断しました。
そもそも、LCCで片道5800円。2時間足らずで北海道に移動可能です。
もし、東京から陸路で札幌に移動したら1110㎞、平均時速50㎞で走行しても22時間以上かかる計算になります。

2.レンタルバイクの移動コストは1㎞=22円

今回の旅の行程は、札幌→美瑛→根室→知床→稚内→利尻・礼文→苫前→喜茂別→札幌。
総行程2800㎞、1日の平均移動距離は280㎞、消費するガソリンは7ℓ/日。エリアによりガソリン価格に大きな違いがある北海道ですが、1ℓ130円とすると910円。
レンタルバイクの費用と合わせた移動コストは1日6000円強。
1㎞当たりの移動コストは22円ということになります。
もちろん、節約するために、レンタルショップで借りると発生するオプション代を省くためにヘルメットやグローブを自宅から持参しました。
ヘルメットは長時間顔に密着するモノなのでなるべく共有したくなかった。
グローブは手に馴染んだモノを使うことで操作性を下げない目的もありました。
LCCに搭乗する際、ヘルメットをぶら下げていたので、グランドCAに怪訝な目で見られましたが、往復ともに止められることはありませんでした。
怪訝で見られても、オプション代をさげられるなら甘んじて視線を受け止めます。

ツナギやジャンバー、ヘルメット、グローブまでも大量に陳列されているレンタルバイク屋のオプションコーナー

3.コスパが悪いレンタルバイクの使い方は短距離移動

先程まで、北海道ツーリングにコスパのよいレンタルバイクを勧めていましたが、次回、北海道を訪れるときに使うかといったら、自分のバイクで行きたいと考えています。
なぜなら、1~2か月かけて日本半周を回りたいと思っているからです。
レンタルバイクのコストは基本的によいのですが、リース期間と1日の移動距離によりコスパは変わります。期間が長く、移動距離が短ければコスパは落ちるものです。
長い期間、自分の愛着あるバイクと1周した思い出は、お金では換算できない価値を作り出してくれるはずです。

1~2週間しか休みがとれないサラリーマンは、LCCと道内をサクサクと移動できる低排気量のレンタルバイクで周遊することをオススメします。

何気ない風景がとっても美しい

まとめ

東京~新千歳間の航空券代は往復1万円強、LCCを使い預け荷物をなくすことができれば本当に早くて安いです。
そこに、レンタルバイクを組み合わせることで、今まで行きたかった北海道の名所旧跡を効率よく周ることができます。
コロナにより海外に出かけられなかったことで、夏の北海道の魅力を知ることができました。毎年、北海道を訪れる「北海道フリーク」の方々がなぜ通うのか?気持ちが解った気がしました。

北海道に滞在した期間:2020年9月1日~13日

熊に餌を与えない!と示された看板
北海道ツーリングは道路のひび割れや野生動物に注意!夏の北海道ツーリングはとっても快適です。 全国のライダーが大挙して押し寄せてくるのも納得です。 しかし、北海道の道路は北海道ならでは...
ABOUT ME
生方 正
生方正(うぶかた ただし) 明治大学サービス創新研究所客員研究員 高校卒業後に海上自衛隊に入隊。 海上自衛隊で映像に関する部内教育を受けたのち写真員となり、インド洋給油支援活動、環太平洋合同訓練など多くのミッションに参加。 撮影した写真は、部内は元より、国内外の新聞、雑誌、TVに採用され、その功績により7度の表彰を受ける。 勤務の傍ら、各種節約術を駆使しながら貯蓄を行い、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資等を実施することで「億」の資産を築く。  入隊時の目標であった「南極に行く」「幹部自衛官になる」「億万長者になる」をすべて達成した現在は、アーリーリタイアを遂げ、花粉の飛ぶシーズンは海外に所有する別荘に滞在。それ以外は各国を旅している(訪問国:7大陸33カ国)。 朝日新聞社Webメディア「telling」にて『ミレニアル女子のための「新しいお金との付き合い方」101のルール』を連載。 オンライン授業Schooでお金に関する授業を担当。 会員数900万人 ママ向けメディア「ママスタセレクト」では、生活コスト削減コンサルタントとして節約情報を配信中。 テレビ出演:AbemaTV「AbemaPrime」、BS朝日「南極日和」 ラジオ出演:NHK第1「小藪とみちょぱのとりしらベイビー」他 多数 掲載:「PRESIDENT」「日刊ゲンダイ」「マネー現代」「アゴラ」「AERA」他 多数         

POSTED COMMENT

  1. モーモーさん より:

    バイクで移動、風が直接感じれて、しかも低コスト、工夫次第で旅も楽しめそうですね

  2. 宇海 より:

    色々なところを旅したいと思っているので旅の前にまずはバイクの免許を取得しようと思いました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です