億万長者の愛車ホンダ・カブ

ハンターカブ、日本一周ツーリング(西日本・九州)16日目(長岡~神奈川)

死ぬ前に達成しておきたいことの1つに「バイクで日本一周」があります。
この夢を実現するために旅にでました。
バイクは買って間もないホンダ・ハンターカブ。
排気量125㏄、高速道路を走れないため3分割して周る予定です。
今回は西日本、九州、四国を周って日本海沿いで帰宅する予定。
本日16日目、長岡~神奈川(自宅)までの移動です。
ツーリングのルール
(ア) 期間は5月2日~27日以内。
(イ) 搭載する荷物を減らすためにキャンプ道具一切なし、宿泊はビジネスホテルか旅館。
(ウ) 出発前の走行距離は500㎞。オイル交換後、初めてのロングツーリング、カブのいい点、悪い点を洗い出してブログにまとめる。

1. コメどころ魚沼の田んぼで、心洗われる

本日の天気予報は“曇り時々雨”。
翌日は雨の予報のため「できるだけ進みたい」「できることなら帰宅したい」と思い早目に出発しました。
長岡を出発して30分、魚沼市に入ります。
“魚沼”といったら言わずと知れたコメどころ、コシヒカリの一大生産地です。
17号線沿いの両側には広大な田んぼが広がっています。
私が通過したのは5月中旬。これから田植えが始まる時期であり、田んぼに映る水鏡がとっても美しく先を急ぎたいのに、バイクを止めて見とれてしまいました。
日本の美しさを“瑞穂の国“と称えることがあります。
瑞穂とは”みずみずしい稲穂の実る国“を指します。
年齢を重ねるにつれ、田んぼを美しいと感じられる気持ちが強くなっていることを実感しました。
次回は「稲穂が黄金色に輝く収穫時期に見てみたい」そんな気持ちになりました。

コシヒカリの生産地「魚沼」

2.道路幅の狭い三国トンネルは対向車に注意

多くの有名スキー場がある湯沢町を通過した辺りから道は険しくなり急こう配が続き三国トンネルに入ります。
三国トンネルは群馬県と新潟を結ぶ1959年に開通した古いトンネルです。
現代のトンネルと比べると大きさが2~3割小さく、トンネルの高さも高いとはいえません。
当時の車の大きさや掘削技術を考えてこのトンネルが設計されたと思いますが、今日の大型車が通るときは注意が必要です。
車高の高いトラックは丸みを帯びた天井と荷台の接触を避けるため中央寄りで走行します。つまり、トンネルの中で、中央分離帯付近を走る対向車とすれ違うことになるのです。
50年以上前に建設したトンネルが現在も使えることは凄いことだと思います。
しかし、対向車が中央付近を走る可能性があることを知っておかないととっても怖い思いをすることになります。
是非、通過する予定のある方はこのことを知っておいてください。

3. 渋滞中に振り返る今回の旅

埼玉県中部付近から交通量が増え走行スピードが落ちてきました。
天気は小雨、ゴアテックス制のカッパを着ているとはいえ、体力を奪われます。
グローブはびちょびちょ、指先が冷たくなりレバー操作しづらくなってきました。
渋滞に巻き込まれて、なかなか前に進めない。しかし、進まないと帰宅できない。雨の日のツーリングは苦行です。
そんな苦行中、今回のツーリングでであったことを回想してみました。
今回の走行距離はこの時点で4000㎞。
購入後、500㎞走行するのに5か月かかったのに、今回のツーリングでは3週間で8倍の距離を走りました。
1日どれくらい走行できるのか?
1ℓのガソリンでどれぐらい走るのか?
ギア変速のクセや急ブレーキの制動距離などバイクの特性を掴むのには長距離の走行を経験して知ることができる。
また、下道を自走することで各県の距離感を実感することができました。
カブで3週間かけて西日本、九州を走行したことは、貴重な人生経験になりました。

まとめ

今回のツーリングの走行距離は4119㎞。使用したガソリンは70ℓ。ガソリン代は全国平均ガソリン価格163円を当てはめると11410円。
有料道路は行き帰りに利用した関門海峡のトンネル通行料20円×2回。
定期的なオイルやタイヤ、プラグ交換は必要ですが、各消耗品にかかるコストを考慮してもバイクの移動コストは安価です。
晴れの日の走行は爽快、雨の日は苦行。
運転中は常に一人なので、過去の反省と未来にできることを考える時間です。
カブで日本を一周しながら精神的な研鑽ができれば儲けもの、コスパの高い人生修行。そんな境地を垣間見ました。

本日の走行距離412㎞
次回は、8月中旬に出かけた“東北一周ツーリング”に続きます。

ハンターカブ、日本一周ツーリング(東北)1日目(東京~日立)死ぬ前に達成しておきたいことの1つに「バイクで日本一周」があります。 この夢を実現するために旅にでました。 バイクは昨年、店頭で見か...

ABOUT ME
生方 正
生方正(うぶかた ただし) 明治大学サービス創新研究所研究員 高校卒業後に海上自衛隊に入隊。 海上自衛隊で映像に関する部内教育を受けたのち写真員となり、インド洋給油支援活動、環太平洋合同訓練など多くのミッションに参加。 撮影した写真は、部内は元より、国内外の新聞、雑誌、TVに採用され、その功績により7度の表彰を受ける。 勤務の傍ら、各種節約術を駆使しながら貯蓄を行い、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資等を実施することで「億」の資産を築く。  入隊時の目標であった「南極に行く」「幹部自衛官になる」「億万長者になる」をすべて達成した現在は、アーリーリタイアを遂げ、花粉の飛ぶシーズンは海外に所有する別荘に滞在。それ以外は各国を旅している(訪問国:7大陸33カ国)。 朝日新聞社Webメディア「telling」にて『ミレニアル女子のための「新しいお金との付き合い方」101のルール』を連載。 オンライン授業Schooでお金に関する授業を担当。 会員数900万人 ママ向けメディア「ママスタセレクト」では、生活コスト削減コンサルタントとして節約情報を配信中。 テレビ出演:AbemaTV「AbemaPrime」、BS朝日「南極日和」 ラジオ出演:NHK第1「小藪とみちょぱのとりしらベイビー」他 多数 掲載:「PRESIDENT」「日刊ゲンダイ」「マネー現代」「アゴラ」「8760」「AERA」他 多数         

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です