鹿児島1人旅、グルメと観光を重視したワーケーション

もののけの森と太鼓岩、白谷雲水峡【屋久島】 

ジブリ映画『もののけ姫』の舞台の元となった場所は「白谷雲水峡(しらたにうんすいきょう)」。
「制作前に宮崎駿監督が何度も足を運んでいた」と地元のガイドから聞きました。
今回は、世界遺産に登録されている「屋久島」美しい苔むす森が広がる白谷雲水峡の魅力についてお伝えします。

1. 白谷雲水峡、効率的な移動手段はレンタルバイク

屋久杉ツアーに参加した次の日は疲労困憊、ダメージが大きく足を引きずりながら食事に出かける状態でした。
3日目以降は次の目的地、口永良部島に移動したかったのですが高波のためフェリーが連日欠航。
旅館でゴロゴロする時間がもったいないと考え、レビュー評価の高い白谷雲水峡に行くことにしました。
屋久島で一番栄えている宮之浦地区から白谷雲水峡までの距離は片道11㎞。
路線バスを使うと530円で移動できますが、始発08:00、最終16:10、その間は4本便しかないため貴重な滞在時間をバスの運行に縛られることになります。
時間的な拘束が最小限で済むタクシーの移動は20分ですが料金は3500円、往復7000円かかります。
私は時間的拘束がなく、なおかつ移動コストの低いレンタルバイクを使うことにしました。
宿近くにあるバイク屋「南国」で排気量50㏄のバイクを1日借りて3300円。
もちろん、使ったガソリンを給油する必要はありますが、店が閉まる18時まで自由に動くことができます。
私が選んだバイクはホンダ・スーパーカブ50。排気量が低いため白谷雲水峡付近の急斜面を登るとき時速15㎞しかでませんが、それ以外の道は支障ありませんでした。

レンタルしたホンダ・スーパーカブ50

2. 白谷雲水峡一番の見どころは「苔むす森」

白谷雲水峡とは、屋久島の北東部を流れる白谷川の上流に設定された自然休養林(レクリエーション目的の山)です。
屋久島を訪れる観光客の1番人気は言わずと知れた「縄文杉」、その次に人気なのが「白谷雲水峡」になります。
白谷雲水峡は3つのトレッキングコースが設置されていて自分の体力、所要時間に合わせてルート選択できます。
① 弥生杉コース :歩行距離 約2.0km、所要時間 1時間
② 苔むす森ルート:歩行距離 約3.5km、所要時間 3時間
③ 太鼓岩コース :歩行距離 約6.0km、所要時間 6時間
私は、滞在5日間で既に多くの屋久杉を見ていたので、太鼓岩コースを選択しました。
10時半にトレッキングを開始、道中に見事な吊り橋、歩道をまたぐように仁王立ちしている屋久杉「くぐり杉」などが目に入りますが黙々と足を進めます。
登り始めて1時間、さすがに休憩したくなった頃に到着したのは「苔むす森」でした。
根株はもちろん、倒木した大木が苔で覆われる「もののけ姫の森」が広がっていました。
200~300年前に切られた株が苔に覆われることで腐らないで生ながらえる神秘的な空間です。
こんな場所があることに感動。この場所で呼吸できることに感謝できる瞬間でした。
「苔むす森」で英気を養ったあと、トレッキングを開始、標高900m辺りから薄っすらと積雪がみられるようになりました。
南国のイメージを持つ鹿児島市から100㎞南下した場所で、灰ではなく雪が積もっていることに驚きです。

くぐり杉
標高900m付近の積雪

3. 太鼓岩からの絶景、世界遺産の森と宮之浦岳

各コースの起点となる登山口の標高620m、太鼓岩の標高1050m。
案内板で表示されている太鼓岩までの所要時間2時間40分を1時間15分で到達。
山頂の巨大岩からの眺めは最高でした。
天候に恵まれ、世界遺産の森の奥に九州地方最高峰の宮之浦岳の大パノラマまで臨むことができました。
宮之浦岳の標高は1936m。日本百名山最南の山、百座目に数えられ、世界遺産登録地内にある特別な名峰です。
山頂の心地よい風に吹かれと、登ってきた疲れが吹っ飛ぶくらい爽快な気分になれる場所です。
下山途中、ペットボトルの水が無くなったので沢の水を補給。
本当に屋久島は水が豊で助かります。
そもそも、豊かな水源と栄養の少ない土壌ゆえに500年で寿命を終える杉が数千年生き続けているのです。

こんなに素晴らし体験ができる白谷雲水峡の入域料は500円。
正式名は「山岳部環境保全協力金」。重機を入れらない遊歩道や橋、階段の点検整備をするのに相当な年間維持費がかっているはずです。そのことを考えるととっても良心的な値段だと思います。
是非、コロナ後は多くの外国人の方々に来ていただいて屋久島の素晴らしさを知ってもらいたいと思いました。

太鼓岩から望む世界遺産の森・宮之浦岳

まとめ

フェリーが欠航したことで、白谷雲水峡及を訪れる機会に恵まれました。
白谷雲水峡は、縄文杉コースと同じ世界自然遺産のエリア内ですが、異なる自然美を堪能することができる場所です。
是非、御家族のチームビルディング、思い出作りのためにでかける価値のある場所だと思います。

屋久島滞在期間:2022年1月10~15日

クリスタル岬、尾之間温泉は屋久島の穴場スポット 白谷雲水を早足で周ったあと時間があったので、レンタルバイクで東部、南部のマイナーな観光地を訪れました。 今回は、屋久島の東に在る美しい...

ABOUT ME
生方 正
生方正(うぶかた ただし) 明治大学サービス創新研究所研究員 高校卒業後に海上自衛隊に入隊。 海上自衛隊で映像に関する部内教育を受けたのち写真員となり、インド洋給油支援活動、環太平洋合同訓練など多くのミッションに参加。 撮影した写真は、部内は元より、国内外の新聞、雑誌、TVに採用され、その功績により7度の表彰を受ける。 勤務の傍ら、各種節約術を駆使しながら貯蓄を行い、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資等を実施することで「億」の資産を築く。  入隊時の目標であった「南極に行く」「幹部自衛官になる」「億万長者になる」をすべて達成した現在は、アーリーリタイアを遂げ、花粉の飛ぶシーズンは海外に所有する別荘に滞在。それ以外は各国を旅している(訪問国:7大陸33カ国)。 朝日新聞社Webメディア「telling」にて『ミレニアル女子のための「新しいお金との付き合い方」101のルール』を連載。 オンライン授業Schooでお金に関する授業を担当。 会員数900万人 ママ向けメディア「ママスタセレクト」では、生活コスト削減コンサルタントとして節約情報を配信中。 テレビ出演:AbemaTV「AbemaPrime」、BS朝日「南極日和」 ラジオ出演:NHK第1「小藪とみちょぱのとりしらベイビー」他 多数 掲載:「PRESIDENT」「女性セブン」「日刊ゲンダイ」「マネー現代」「からだにいいこと」「アゴラ」「小学館8760」「AERA」「家主と地主」他 多数 YouTube:「本要約チャンネル」「フェルミお金大学」「越境3.0」「【特撮と投資】ルネ岩田」「時間管理の専門家 石川和男の 『ビジネスパーソン・チャンネル』」「【沖本るり子の大部屋『著者の本棚』」「インベスターズTV」「朝カツ大盛り!!YouTubeライブ」         

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です