世界自然遺産「奄美大島」グルメと観光、一人旅

屋久島一周レンタルバイクの旅(前編)

屋久島の外周道路の距離は130㎞。
9割が森の島ですが外周道路は海岸線沿いにあるため平坦な道が続きます。
島の交通量は少なめ、信号が設置されている場所は大きな集落の中心部だけなのでどこにも立寄らなければ3時間で一周できます。
今回は、レンタルバイクで屋久島一周した経験についてお伝えします。

1. コスパ最強、レンタルバイクで島一周

バイクの調達は島で一番大きな集落、宮之浦岳地区にある「レンタルバイク南国」。
朝9時の開店から18時の閉店まで9時間50㏄バイクを借りて3300円。
返却前に燃料を満タンにする必要はありますが、排気量50㏄のバイクで1日走り周っても消費できる量は3ℓ程度。ガソリンの高い離島で給油しても料金はたかだか500円です。
今回、借りた車種はヤマハJOG。
原付一種人気ランキング上位、ヘルメットを座席下に収納できる便利なスクーターです。
バイク屋を9時過ぎに出発して最初に立ち寄ったのは地元スーパー。
「島外来島者の入店お断り」の飲食店に出くわしても困らないように最低限必要な食料を確保しました。

2. 永田岬に建つ久島灯台はとってもレトロ

角が丸くなった五角形をしている屋久島の直径は30㎞強。
2時方向に在る宮之浦地区を出発して反時計回りで走行開始。
右手にキレイな海と砂浜、漁師の拠点となる“番屋”などを眺めながら走ること1時間。
初めに立ち寄った場所は島の10時方向にある永田岬に建つ屋久島灯台。
120年以上前に運用開始された灯台の高さは19.6m。
煉瓦石造円形の白亜の灯台は、ヨーロッパの映画にでてくるようなレトロな感じで“ライトハウス”という呼び名がピッタリです。
灯台の中に立ち入ることは出来ませんが、東シナ海をバックにキレイな外観を見るだけでも行く価値はあります。

屋久島灯台

3. 西部林道、世界遺産地域を突っ切る道

永田岬からバイクで10分南下すると西部林道に入ります。
島の10時~8時方向、周辺に民家が存在しない20㎞の山道です。
道路は舗装されていますが、両サイドは木々が生い茂る緑のトンネルです。
長い期間、補修されていないためアスファルトが剥離している、大量の落ち葉が堆積している、野生のヤクシカやヤクサルが飛び出してくるなど運転に注意が必要な道路です。
しかし、貴重な動物を間近で見ることができる見ごたえある林道です。
西部林道の3/4は世界自然遺産地域に含まれます。人間が動植物に危害を与えないように気を付けながら通過したいものです。
屋久島の外周道路は携帯電波がつながりにくいところも存在します。
事故を起こした場所が圏外だった場合、まずは、電波の届くところに移動する必要があります。そんな困った状態に陥らないためにもスピードを押さえた安全運転を心がけてください。
外周道路の中で一番見ごたえのるエリアです。

世界遺産「西部林道」

4. 夕日を眺めながら入れる平内海中温泉

海岸に湧き出る温泉に浸かりながら沈む夕日を望むことができる平内海中温泉。
場所は島の7時の方向。
なんともロマンティックなロケーションですが、温泉に入れるのは1日2回(干潮前後の2時間)だけです。
私が訪れたときは潮が満ちていたため、温泉はまさに海中でした。
この温泉は1599年前に発見され区民の方々に利用されてきた歴史があります。
現在も周辺に住んでいる方は、家に風呂を設置しないでこの温泉を利用される方も多いのだとか。
土足厳禁、撮影禁止、飲酒、飲食禁止、男女共に水着着用不可、入浴前にかけ湯をするなど何個かルールがあります。
地元の方と、もめないために表記されているルールを守りながら利用して、いい思い出を持ち帰りたいものです。

屋久島は火山帯がないのに温泉が湧き出る珍しい場所です。
熱源は年間数㎝隆起するときに発生している摩擦熱なのだとか。
森といい温泉といい、不思議なことが多い島です。

※入浴協力金200円。 PayPay、LINE Pay、コード決済対応 4大キャリアのWi-Fi環境も整っています。

平内海中温泉

まとめ

屋久島を訪れた方の多くは、縄文杉と白谷雲水峡を訪れて帰路につきます。
しかし、滞在日数を1日延ばせるとこのような経験をすることができます。
屋久島は多くの宿泊施設があり競争原理が働いているため宿泊費を安く抑えることも可能です。
宿泊費の他に1日5000円プラスするだけで島一周の経験も加えることができるお得なオプショナルツアーです。

屋久島滞在期間:2022年1月10~15日

屋久島一周レンタルバイクの旅(後編)屋久島の外周道路は130㎞。 9割が森ですが海岸線付近にある外周道路は平坦な道が続きます。 島の交通量は少なめ、信号が設置されている...

ABOUT ME
生方 正
生方正(うぶかた ただし) 明治大学サービス創新研究所研究員 高校卒業後に海上自衛隊に入隊。 海上自衛隊で映像に関する部内教育を受けたのち写真員となり、インド洋給油支援活動、環太平洋合同訓練など多くのミッションに参加。 撮影した写真は、部内は元より、国内外の新聞、雑誌、TVに採用され、その功績により7度の表彰を受ける。 勤務の傍ら、各種節約術を駆使しながら貯蓄を行い、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資等を実施することで「億」の資産を築く。  入隊時の目標であった「南極に行く」「幹部自衛官になる」「億万長者になる」をすべて達成した現在は、アーリーリタイアを遂げ、花粉の飛ぶシーズンは海外に所有する別荘に滞在。それ以外は各国を旅している(訪問国:7大陸33カ国)。 朝日新聞社Webメディア「telling」にて『ミレニアル女子のための「新しいお金との付き合い方」101のルール』を連載。 オンライン授業Schooでお金に関する授業を担当。 会員数900万人 ママ向けメディア「ママスタセレクト」では、生活コスト削減コンサルタントとして節約情報を配信中。 テレビ出演:AbemaTV「AbemaPrime」、BS朝日「南極日和」 ラジオ出演:NHK第1「小藪とみちょぱのとりしらベイビー」他 多数 掲載:「PRESIDENT」「女性セブン」「日刊ゲンダイ」「マネー現代」「からだにいいこと」「アゴラ」「小学館8760」「AERA」「家主と地主」他 多数 YouTube:「本要約チャンネル」「フェルミお金大学」「越境3.0」「【特撮と投資】ルネ岩田」「時間管理の専門家 石川和男の 『ビジネスパーソン・チャンネル』」「【沖本るり子の大部屋『著者の本棚』」「インベスターズTV」「朝カツ大盛り!!YouTubeライブ」         

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です