鹿児島1人旅、グルメと観光を重視したワーケーション

屋久島一周レンタルバイクの旅(後編)

屋久島の外周道路は130㎞。
9割が森ですが海岸線付近にある外周道路は平坦な道が続きます。
島の交通量は少なめ、信号が設置されている場所は大きな集落の中心部だけなのでどこにも立寄らなければ3時間で一周できます。
今回は、レンタルバイクで屋久島一周した経験についてお伝えします。

1. 海沿いの断崖絶壁に建つ「JRホテル屋久島」

屋久島は杉を切り出すためのトロッコはあっても旅客鉄道はありません。
しかし、電車はなくてもJR資本の立派なホテルが営業されています。
場所は島の6時方向、尾之間(おのいだ)地区。
円柱型4階建て海沿いの断崖絶壁に建つ豪華なホテルです。
屋久杉ツアーのガイドが、オススメしていたホテルだったので、海を眺めながらお茶を飲みたいと立ち寄ったところ6日間の休館期間に入っていました。
仕方なしに建物の周りを1周しましたが、庭がキチンと整備されていて気持ちよく滞在できるホテルの印象を受けました。
1月35日雨が降るといわれる屋久島ですが、南部は天候が異なるといわれています。
南側の部屋からは太平洋、北側は世界遺産の森。どちらを選んだとしても損することがない眺望を楽しむことができると思います。

JRホテル屋久島

2. 千尋の滝(せんぴろのたき)

島の5時方向、海岸線から1㎞内陸に入り込んだ場所にあるのが千尋の滝(せんぴろのたき)です。
日本の平均降水量の2倍以上の雨が降る屋久島には100本以上の川が存在します。
数ある川の中で南東方向に流れる代表的な支流が鯉之川。
その流域に高さ60mの花崗岩の崖がありそこを流れ落ちるのが千尋の滝。
「尋」とは六尺(1.8m)の高さを表します。
正確な高さは33尋ですが、壮大なV字谷から流れ落ちる滝は一見の価値があります。

千尋の滝

3. 猿川のガジュマル、見応えあるレアスポット

島の4時方向、海岸線から500m内陸に入った場所に樹齢100年のガジュマルが生い茂るエリアがあります。
駐車場に車を停めて50mも林を分け入ると高さ20mの立派なガジュマル林が続きます。
何でガジュマルばかりが自生しているのか分かりませんが、繁茂面積の広さは日本一。妖怪のような形をした大木が連なる姿は圧巻です。
この場所は無料で開放されている代わりに、遊歩道等が整備されているワケではありません。
倒木がある、石が至る所に転がっていて歩くのが難儀な場所も何か所もあります。
また、思ったよりエリアが広いので調子に乗って奥まで行くと駐車所へ戻るルートを見落とすことになるので帰路を確かめながら行動することが大切です。
見応えがある場所なのに訪れる人はごくわずかなレアスポット。

猿川のガジュマル

4. ヤクスギランド

標高1000m付近に生い茂る樹齢1000年以上の屋久杉を効率よく見てまわれるヤクスギランド。
島の4時方向、内陸に8㎞程入り込んだ場所にあります。
ヤクスギランドの全長は3㎞、体力や時間に合わせて4つのコースが準備されています。
私が到着した時間は15時。施設が閉まるのは17時半。最長の150分コースに挑戦しました。
整備された遊歩道や橋を進むと人の顔を思わせるようなコブのある仏陀杉、倒れ込んだ木がそのまま合体した双子杉など特徴を捉えたネーミングの屋久杉を見てまわることができます。
入場料:大人1人500円。歩道や看板、トイレなどの環境整備に使われるのですからなんとも良心的です。

ヤクスギランド

まとめ

この日の走行距離は153.6km。
1日かけて興味ある場所に立ち寄りながら島一周するのに丁度いいコースでした。
排気量50㏄のバイクだとスピードが出しづらくて物足りない印象もありましたが、出発時間が遅くならなければ一日で周り切ることができます。

屋久島滞在期間:2022年1月10~15日

口永良部島一周ツーリング、大隅諸島の秘島口永良部島(くちのえらぶじま)は、屋久島の12km西に位置する"ひょうたん型の島"。面積は屋久島の1/14です。 島へのアクセスは屋久...

ABOUT ME
生方 正
生方正(うぶかた ただし) 明治大学サービス創新研究所研究員 高校卒業後に海上自衛隊に入隊。 海上自衛隊で映像に関する部内教育を受けたのち写真員となり、インド洋給油支援活動、環太平洋合同訓練など多くのミッションに参加。 撮影した写真は、部内は元より、国内外の新聞、雑誌、TVに採用され、その功績により7度の表彰を受ける。 勤務の傍ら、各種節約術を駆使しながら貯蓄を行い、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資等を実施することで「億」の資産を築く。  入隊時の目標であった「南極に行く」「幹部自衛官になる」「億万長者になる」をすべて達成した現在は、アーリーリタイアを遂げ、花粉の飛ぶシーズンは海外に所有する別荘に滞在。それ以外は各国を旅している(訪問国:7大陸33カ国)。 朝日新聞社Webメディア「telling」にて『ミレニアル女子のための「新しいお金との付き合い方」101のルール』を連載。 オンライン授業Schooでお金に関する授業を担当。 会員数900万人 ママ向けメディア「ママスタセレクト」では、生活コスト削減コンサルタントとして節約情報を配信中。 テレビ出演:AbemaTV「AbemaPrime」、BS朝日「南極日和」 ラジオ出演:NHK第1「小藪とみちょぱのとりしらベイビー」他 多数 掲載:「PRESIDENT」「女性セブン」「日刊ゲンダイ」「マネー現代」「からだにいいこと」「アゴラ」「小学館8760」「AERA」「家主と地主」他 多数 YouTube:「本要約チャンネル」「フェルミお金大学」「越境3.0」「【特撮と投資】ルネ岩田」「時間管理の専門家 石川和男の 『ビジネスパーソン・チャンネル』」「【沖本るり子の大部屋『著者の本棚』」「インベスターズTV」「朝カツ大盛り!!YouTubeライブ」         

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です