鹿児島1人旅、グルメと観光を重視したワーケーション

龍馬が訪れた「霧島温泉」、絶景を楽しめる「指宿温泉」

鹿児島と聞いて思い浮かぶものは「桜島」。
日本で最も活発な火山帯、噴出される火山灰の被害がある反面、恩恵として豊富な温泉が湧き出ます。
数ある温泉の中で、私が立ち寄りたかったのは、霧島温泉と指宿(いぶすき)温泉。
今回は九州有数の温泉郷、霧島と指宿についてお伝えします。

1. 龍馬が新婚旅行で訪れた霧島温泉は行きづらい

複合火山帯が走る霧島には大量の温泉が湧出しています。
温泉が発見されたのは1714年。江戸時代に書かれた「温泉番付」にも掲載された由緒正しい温泉郷です。
24軒ある温泉宿の中で私が最も訪れたかったのは「坂本龍馬が妻おりょうと逗留した」とされている霧島ホテルです。
鹿児島の中心部から霧島温泉までは一般道で60㎞。1時間半で到着できる距離ですが、車の運転に自信がない私は公共交通機関で行くことにしました。
電車で行くとJR霧島神宮駅まで約1時間、そこからバスで490円。しかし、バスの便数が少ないうえに乗り継ぎが悪いのでタクシーを使うことになり5000円以上かかることになります。
そこで、別の交通手段を検索したところ、市内から高速バスで鹿児島空港に移動したのち霧島温泉行きの9番バスを使うと、片道2000円で行けることが分かりました。
1人で訪れる場合、このルートが最短最安値の移動手段だと思います。

霧島ホテル

2. 霧島ホテルの庭園大浴場は立派でお得

鹿児島市内からバスを乗り継ぐこと2時間強。目的地に到着しました。
霧島ホテルは8階建ての立派な建物で100台以上停められる駐車場が完備されていますがコロナの影響なのか止まっている車はごくわずか、閑古鳥が鳴いています。
日帰り入浴の料金はタオル(小)がついて1000円、とってもリーズナブルです。
浴場は奥行き25m、天井の高さは体育館程。「1500人が同時入浴できる」キャッチフレーズは嘘ではないプールに近い大浴場です。
立ったまま肩まで浸かれる立ち湯、打たせ湯、寝湯など色々なお風呂が用意されています。
庭園大浴場の凄い所は1日1400万リットル湧き出る源泉かけ流し、4種類の異なる温泉が引き込まれていることです。
昼間から、広々とした清潔な温泉施設で足を伸ばせたことはとっても贅沢な時間でした。

霧島ホテルの庭園大浴場

ホテル入口から庭園大浴場までの経路にホテルの歴史を示す貴重な資料や写真が展示してあり、その中に龍馬と妻おりょうの写真も見ることができます。
帰路は、国宝に指定されたばかりの「霧島神宮」を参拝したのちタクシーで神宮駅に移動してローカル列車旅を楽しみながら鹿児島市内に戻りました。

3. 薩摩半島の名湯「露天風呂たまて箱温泉」」へのアクセス

鹿児島の2大温泉地に選ばれる、指宿温泉は温かい砂に包まれ、海の波の音に癒される“砂蒸し温泉”が有名です。
滞在した宿泊施設スタッフにオススメの温泉をたずねたら「たまて箱温泉」を推されました。
気になって調べたところ、人気日帰温泉ランキング3年連続全国1位に輝いた、とっても魅力的な場所だったので次の日に訪れることにしました。
鹿児島中心地から指宿へはJR指宿枕崎千線で1時間15分。
往路は、進行方向左手に鹿児島湾を眺めながらゆっくり進むローカル列車の旅を楽しめます。
指宿駅に到着したのは10時半。駅にある旅行案内所で行き方をたずねると、分かりやすい説明をしてくれるうえに、100円割引券を頂けるので、絶対に立ち寄ることをオススメします。
駅前にある鹿児島交通の営業所待合室で「ヘルシーランド入口」行きのバスを待ちますが室内だったので過ごしやすい環境でした。
片道運賃は360円、乗車時間は30分程度だったと思います。

JR指宿駅

4. 日本百名山の開聞岳と東シナ海を望む露天風呂

「ヘルシーランド入口」バス停下車、徒歩5分で「露天風呂たまて箱温泉」に到着。
入浴料大人510円(タオルは別料金)。平日の昼間なのでお客さんは殆ど皆無です。
体を洗ったあとに露天風呂へ続く扉をくぐると目の前に青い空と青い東シナ海、右手に日本百名山に選ばれた開聞岳(かいもんだけ)の絶景が広がります。
海岸に突き出た小高い場所に施設があるため、温泉に浸かると海と湯船が同化したように見えてより開放的な気分になります。
湯煙の奥に見えるのは波に揺れながら漁をする漁船1隻。さすが人気日帰温泉ランキング3年連続1位に選ばれるだけの特別な温泉、教えてくれた人に大感謝でした。

露天風呂たまて箱温泉

「露天風呂たまて箱温泉」の営業時間9:30~19:00(閉館19:30)、休業木曜、祝日の場合は翌日休。
復路のバスは10~17時毎10分。バスの便数が少ないので公共交通機関を使って訪れる方は、行く前に営業日時と時刻表を確認しないと時間的に大きなロスをすることになるのでご注意下さい。

まとめ

鹿児島滞在中の2日間で、長年気になっていた「霧島」「指宿」両温泉に行けたことに満足しています。
温泉は素晴らしく入浴料も安いのですが、交通手段を上手に使えないと最終的にタクシーを呼ぶことになり、も高い交通費を払うことになります。
どうせ行くなら、上手に下調べをして費用を押さえて楽しんでください。

鹿児島市在期間:2022年1月19~21日

世界自然遺産「徳之島」一周ツーリング(前編)薩摩半島の南に連なる奄美群島。 その中央に位置しているのが「徳之島」。 2021年7月、沖縄本島北部及び西表島と一緒に世界自然遺産に...

ABOUT ME
生方 正
生方正(うぶかた ただし) 明治大学サービス創新研究所研究員 高校卒業後に海上自衛隊に入隊。 海上自衛隊で映像に関する部内教育を受けたのち写真員となり、インド洋給油支援活動、環太平洋合同訓練など多くのミッションに参加。 撮影した写真は、部内は元より、国内外の新聞、雑誌、TVに採用され、その功績により7度の表彰を受ける。 勤務の傍ら、各種節約術を駆使しながら貯蓄を行い、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資等を実施することで「億」の資産を築く。  入隊時の目標であった「南極に行く」「幹部自衛官になる」「億万長者になる」をすべて達成した現在は、アーリーリタイアを遂げ、花粉の飛ぶシーズンは海外に所有する別荘に滞在。それ以外は各国を旅している(訪問国:7大陸33カ国)。 朝日新聞社Webメディア「telling」にて『ミレニアル女子のための「新しいお金との付き合い方」101のルール』を連載。 オンライン授業Schooでお金に関する授業を担当。 会員数900万人 ママ向けメディア「ママスタセレクト」では、生活コスト削減コンサルタントとして節約情報を配信中。 テレビ出演:AbemaTV「AbemaPrime」、BS朝日「南極日和」 ラジオ出演:NHK第1「小藪とみちょぱのとりしらベイビー」他 多数 掲載:「PRESIDENT」「女性セブン」「日刊ゲンダイ」「マネー現代」「からだにいいこと」「アゴラ」「小学館8760」「AERA」「家主と地主」他 多数 YouTube:「本要約チャンネル」「フェルミお金大学」「越境3.0」「【特撮と投資】ルネ岩田」「時間管理の専門家 石川和男の 『ビジネスパーソン・チャンネル』」「【沖本るり子の大部屋『著者の本棚』」「インベスターズTV」「朝カツ大盛り!!YouTubeライブ」         

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です