億万長者の旅ブログ(ラオス)

ヴィエンチャンで1番人気の観光地「凱旋門」

ラオスの首都ヴィエンチャンは隣国タイとメコン川を隔てた所にあるためタイ国内から足を伸ばせる都市です。
ヴィエンチャンの人口は100万人弱。目を引く観光地ではありませんが、交通の要所のため2023年1月、20年ぶりに再訪しました
今回はヴィエンチャンで1番人気の観光地、凱旋門についてお伝えします。

ヴィエンチャン都内のランドマーク「凱旋門」

ヴィエンチャンでデパートや商店が集中している一番の繁華街「タラートサオ」を訪れると必ず目に入るのが凱旋門「パトゥーサイ(Patuxay)」です。
正式な名称はアヌサーワリー・パトゥーサイ「(Anousavary Patuxay)」。
「アヌサーワリー」は「記念碑」、「パトゥーサイ」は「勝利の門」という意味です。
門の幅は24m、高さ55m。ヴィエンチャン1の目抜き通り「ラーンサーン通り」の真ん中に堂々と建つそれは、フランスの凱旋門より5m高く都内のランドマークです。
「タラートサオ」からは直線で800m。炎天下でも歩いていける距離です。
近寄って観ると表面はコンクリート打ち放し。外壁が排ガスにより薄汚れている。高い位置に大きな蜂の巣があり蜂が飛んでいるところにほっこりしました。

ラオス国内は元より、外国人観光客が訪れる観光地のため門周辺はお土産を売る屋台が並んでいます。
売られているお土産はキーホルダーや置物。「昭和40年代の日本の観光地にあったのでは?」と思うようなモノばかりで欲しいと思うモノは皆無。むしろ、露店があることが門のイメージを下げているように見えました。

タラートサオエリア(撮影:生方正)タラートサオエリア(撮影:生方正)
ヴィエンチャンの凱旋門(撮影:生方正)ヴィエンチャンの凱旋門(撮影:生方正)

崩れる前に観ておきたい「パトゥーサイ」

「パトゥーサイ」が建てられたのは1968年。建設が開始されたのは1957年。完成までに11年の歳月が費やされました。
これは、門の造りが複雑で工事が難航したワケではなく、予算や建築材料の工面がうまくいかなかったからです。
つまり、パトゥーサイが建ってから54年。造り始めてから65年経ったことになります。
コンクリートの耐用年数は約100年。
100年もたせるたには、定期的なメンテナンスは勿論ですが、建材として質の良い砂やセメントを使った場合です。
つまり、財政難により何度も工事が中止されたことを考えると、質の良い建材が使われたとは考えづらい。
さらに、工事はいく度も中止になっています。鉄筋むき出しの状態で長期間、風雨にさらされたら完成前に鉄筋の劣化が進んだことになります。

経年劣化が進んでいる事実を考えると、立ち入り禁止になる前に立ち寄ることができて良かったと感じました。

閉鎖されている凱旋門の屋上階段

ネット検索すると「凱旋門屋上からの眺めが素晴らしい」というコメントを複数見かけます。私も登ろうと、中央付近に設置されている階段に近づいたら「NO UP」と張り紙がされていました。
登れない理由を確認できませんでしたが、制服を着た威圧的な係員が「通さないゾ」オーラをだしていたので禁止されているのは間違いありません。
ここまで来て上れないことにガッカリしましたが、屋上に上がるための入場料40円が徴収されないと修繕費を捻出できなくなり困るはずです。
その費用を確保しないということは、「屋上階段、もしくは屋上に危険因子がある」そのように推察できます。
この辺りについて、分かる方がいましたら是非コメントを下さい。

禁止を示す屋上階段(撮影:生方正)禁止を示す屋上階段(撮影:生方正)

まとめ

荒ばかりを述べてしまいましたが、凱旋門はラオスのクオリティーを知るよい場所です。発展途上国を見ることで先進国で暮らせるありがたさ、日本人の勤勉さやきめ細かな作業は世界の中で突出していることだと知るよい機会となりました。
是非、立ち入り禁止になる前に足を延ばしてみてください。

訪問時期:2023年1月

ラオスのVIPバスは「シートではなく寝台」ラオスに存在する世界遺産の数は3個。その内の1つ、巨大石壺で有名な「ジャール高原」は、首都ヴィエンチャンから直線距離で北に280㎞。 ...

ABOUT ME
生方 正
生方正(うぶかた ただし) 明治大学サービス創新研究所研究員 高校卒業後に海上自衛隊に入隊。 海上自衛隊で映像に関する部内教育を受けたのち写真員となり、インド洋給油支援活動、環太平洋合同訓練など多くのミッションに参加。 撮影した写真は、部内は元より、国内外の新聞、雑誌、TVに採用され、その功績により7度の表彰を受ける。 勤務の傍ら、各種節約術を駆使しながら貯蓄を行い、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資等を実施することで「億」の資産を築く。  入隊時の目標であった「南極に行く」「幹部自衛官になる」「億万長者になる」をすべて達成した現在は、アーリーリタイアを遂げ、花粉の飛ぶシーズンは海外に所有する別荘に滞在。それ以外は各国を旅している(訪問国:7大陸33カ国)。 著作:「高卒自衛官が実現した40代で資産2億円をつくる方法」(あさ出版)、「攻めの節約」(WAVE出版) 朝日新聞社Webメディア「telling」にて『ミレニアル女子のための「新しいお金との付き合い方」101のルール』を連載。 オンライン授業Schooでお金に関する授業を担当。 会員数900万人 ママ向けメディア「ママスタセレクト」では、生活コスト削減コンサルタントとして節約情報を配信中。 テレビ出演:AbemaTV「AbemaPrime」、BS朝日「南極日和」 ラジオ出演:NHK第1「小藪とみちょぱのとりしらベイビー」他 多数 掲載:「PRESIDENT」「女性セブン」「SPA」「日刊ゲンダイ」「マネー現代」「からだにいいこと」「アゴラ」「小学館8760」「AERA」「家主と地主」他 多数 YouTube:「本要約チャンネル」「フェルミお金大学」「越境3.0」「隣の金持ち探偵団」「【特撮と投資】ルネ岩田」「時間管理の専門家 石川和男の 『ビジネスパーソン・チャンネル』」「【沖本るり子の大部屋『著者の本棚』」「インベスターズTV」「朝カツ大盛り!!YouTubeライブ」         

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です