億万長者の旅ブログ(インド、パキスタン、ネパール)

「フンザ」を一望できるイーグルネストホテル【パキスタン】 

『風の谷のナウシカ』のモデルとなったといわれるパキスタン北部のリゾート地「フンザ」。
そのなかかでも標高3394mの高台からフンザ渓谷を見下ろせる場所に建つのがイーグルネストホテル(Eagle’s Nest Hotel)です。
1泊$200~300する高級な宿泊施設ですが、素晴らしい景色を眺むために世界中から旅行者が押し寄せます。
今回は、イーグルネストホテルから眺める絶景についてお伝えします。

「フンザ」峡谷(撮影:生方正)「フンザ」峡谷(撮影:生方正)

絶対に訪れたいイーグルネストホテル

イーグルネストホテルは、「フンザ」の観光拠点「カリマバード」の中心部から東に2.5㎞の場所にあります。
実際に足を運ぶには、片道7~8㎞移動する必要があります。
私は、往復15㎞の距離を歩きたくなかったので片道1000PRs(500円)支払ってバイクでホテルまで送ってもらいました。
5分谷を下ったあとに15分坂を登りました。
勾配の厳しい道を排気量125㏄のバイクに大人2人乗りは快適ではありません。多分、タンデムシートに乗る人が体重80㎏以上のバイクに乗り慣れていない人だと、一番の急坂は登り切らない可能性があります。

山頂にあるイーグルネストホテルは、石と木で造られた立派な2階建の落ち着いた建物です。
施設は清掃が行き届き、英語を話すスタッフが気持ちのよい対応をしてくれます

屋上のカフェテラス(撮影:生方正)屋上のカフェテラス(撮影:生方正)

レストランからの眺めが素晴らしいのですが、天気がよかったので屋上のテラスでドリンクを注文しました。
コーヒー1杯700~800円支払うことを覚悟していましたが、実際の値段は250PRs(125円)。ハーブティはさらに安くポットに入れて提供されるので量も多く満足できる内容でした。
Wi-Fiも24時間使え、とっても贅沢な時間を過ごすことができました。
外気温2~3℃のテラスに30分いたら体が冷えたのでレストランに移動して温かい飲み物を注文しました。
他のお客さんが誰もいなかったので、スタッフに話しかけて会話をしました。
分かったとこは次の2つ。
① ラマダン明けから大挙してパキスタン人観光客が訪れるが、それまでの宿泊の中心は中国人団体客
② このホテルだけでなく周辺の宿泊施設は冬の期間、完全に閉鎖される。

宿泊料金が高い理由は、冬季に施設を稼働できないことも要因のようです。

イーグルネストホテルのレストラン(撮影:生方正)イーグルネストホテルのレストラン(撮影:生方正)

映える写真が撮れるエリア

1時間イーグルネストホテルを堪能した後、徒歩で「カリマバード」を目指しました。
往路にバイクで来たので復路は坂を下るだけで楽ちんです。
曲がる場所を頭に入れておいたので、道に迷うことも避けられました。
帰路に見たものは、樹齢数百年の桜の老木、満開の桜の花、草をはむヤギや牛、下校途中の小学生、薪を背中に背負って運ぶ老婆。

樹齢数百年の桜(撮影:生方正)樹齢数百年の桜(撮影:生方正)

出会う人々がどことなく『風の谷のナウシカ』の登場人物にみえます。
なにより、7000mを超える山々に囲まれているため、背景に雪山が入るので写真が“映え”ます。

草をはむ牛(撮影:生方正)草をはむ牛(撮影:生方正)
フンザ族の子供(撮影:生方正)フンザ族の子供(撮影:生方正)

この地に住むフンザ族は、旅行者に尊敬の念をもっているために馬鹿にした態度をとる人に出会いませんでした。
世界中から観光客が訪れる場所なので一定数は「相場の分からない外国人からボッタクってやる」と思っている人がいると思っていましたが、そんな素振は微塵もありません。

薪を背負う老婆(撮影:生方正)薪を背負う老婆(撮影:生方正)

ヤギ使いが隠し持っていたフンザウオーター

キャンプサイトと看板が掲げた敷地に1頭のヤギがつながれていました。
写真を撮っているとそこのオーナーが話しかけて来ました。
訛りのキツイ英語で会話が成立するのか心配でしたが、世界中のキャンプ好きが宿泊する施設のようでけっこうな語学力を有していました。
私は、この時とばかりに、フンザ周辺に関する疑問をぶつけることにしました。
① 冬のシーズン、この辺りの人は施設を閉鎖して下山すると聞いたが、それは本当か?
A:冬は道路が閉鎖されるので、自分以外の人は下山して標高の低い別宅で暮らす。
因みに、この方は、冬でも週に2~3回徒歩で自宅とキャンプ場を行き来している。
キャンプ場に暖房器具がないので、室内にテントを張ってその中で厚い毛布に包まれて猫と暮らしている。
②薄いピンク色をした岩塩が取れると聞いたが、そんな場所はあるのか?
A:「ときどき山に取に行って取っている」、「興味あるなら1欠片持って行っていいぞ」。
③ フンザウオーターと呼ばれるアルコールがあると聞いたがどこに行ったら手に入るのか?
A:アルコールは禁止されているが昔から醸造しているところは存在する。「飲みたいなら、今あるぞ!」
洋服ダンスの中から、洋服にくるまれた透明の液体が入った瓶が出てきました。
私は、少し分けてもらったあとにホテルで飲みたかったのですが、その場で飲むように促されて50㏄程頂きました。
アプリコットを蒸留した度数30以上はある強いものでした。
ホスピタリティ溢れるおじさんに会ったお陰で貴重な経験をすることができました。
幾ばくかのお金を渡して立ち去りました。

頂上付近にあるキャンプ場(撮影:生方正)頂上付近にあるキャンプ場(撮影:生方正)

ラマダン中の給水ポイント

下山途中、所々にカフェやレストランを見かけます。
足を休め、喉を潤すために立ち寄りたかったのですが、ラマダン中なので「日中は閉店」と思いきや、ひっそりと営業されていました。
しかも、地元の方も通りから見えないスペースでチャイをたしなんでいます。
私は、見た目がよそ者なので、テラス席に案内され一服のチャイを頂きました。
7000m級の山々に囲まれた環境で適度な有酸素運動中に温かいお茶を飲む、なんとも贅沢な時間です。
しかも、チャイ1杯の値段は60PRs(30円)。なんとコスパが高いのでしょう。
「フンザ」最高!

フンザ族の男達’(撮影:生方正)フンザ族の男達’(撮影:生方正)

まとめ

山頂のイーグルネストホテルから「カリマバード」に戻るまで徒歩で4時間かかりました。
疲れよりも、長年の夢を達成することができた充実感で心が満たされました。
ホテルを出るときに「頂上付近は寒い?」フロントに確認したら、動物の毛で織ったマントを貸してくれたので寒さを耐え忍ぶことができました。
足に自信ある人以外は1日でイーグルネストホテル往復をすることは避けた方がいいと思います。また、下り用に1枚羽織るものを持って行くことをおススメします。
「カリマバード」滞在で、イーグルネストホテルの経路は一番優先順位の高い観光スポットだと思うので是非、足を伸ばしてみて下さい。

訪問時期:2023年4月

カラコルム・ハイウェイ「カリマバード」【フンザ】「フンザ」滞在中に訪れたかった場所は、パキスタンと中国の国境「タシュクルガン」。 宿泊していた「カリマバード」から国境までの距離は片道...

ABOUT ME
生方 正
生方正(うぶかた ただし) 明治大学サービス創新研究所研究員 高校卒業後に海上自衛隊に入隊。 海上自衛隊で映像に関する部内教育を受けたのち写真員となり、インド洋給油支援活動、環太平洋合同訓練など多くのミッションに参加。 撮影した写真は、部内は元より、国内外の新聞、雑誌、TVに採用され、その功績により7度の表彰を受ける。 勤務の傍ら、各種節約術を駆使しながら貯蓄を行い、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資等を実施することで「億」の資産を築く。  入隊時の目標であった「南極に行く」「幹部自衛官になる」「億万長者になる」をすべて達成した現在は、アーリーリタイアを遂げ、花粉の飛ぶシーズンは海外に所有する別荘に滞在。それ以外は各国を旅している(訪問国:7大陸33カ国)。 著作:「高卒自衛官が実現した40代で資産2億円をつくる方法」(あさ出版)、「攻めの節約」(WAVE出版) 朝日新聞社Webメディア「telling」にて『ミレニアル女子のための「新しいお金との付き合い方」101のルール』を連載。 オンライン授業Schooでお金に関する授業を担当。 会員数900万人 ママ向けメディア「ママスタセレクト」では、生活コスト削減コンサルタントとして節約情報を配信中。 テレビ出演:AbemaTV「AbemaPrime」、BS朝日「南極日和」 ラジオ出演:NHK第1「小藪とみちょぱのとりしらベイビー」他 多数 掲載:「PRESIDENT」「女性セブン」「SPA」「日刊ゲンダイ」「マネー現代」「からだにいいこと」「アゴラ」「小学館8760」「AERA」「家主と地主」他 多数 YouTube:「本要約チャンネル」「フェルミお金大学」「越境3.0」「隣の金持ち探偵団」「【特撮と投資】ルネ岩田」「時間管理の専門家 石川和男の 『ビジネスパーソン・チャンネル』」「【沖本るり子の大部屋『著者の本棚』」「インベスターズTV」「朝カツ大盛り!!YouTubeライブ」         

POSTED COMMENT

  1. モーモーさん より:

    ナウシカのモデルがあったのですね
    知りませんでした。行ってみたいと思いました

    • 生方 正 より:

      本当に参考にされた土地なのかは分かりませんが、言われることも納得な場所です。
      百聞は一見に如かずです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です