億万長者の旅ブログ(ミヤンマー2020年)

ヤンゴン癒し空間、名門五つ星ホテルのアフタヌーンティに挑戦

1. ヤンゴンのオアシス The STRAND Café (ザ・ストランド・カフェ)

発展途上国「ミャンマー」と聞くと、おしゃれな所が皆無!そんなイメージを抱く人もいると思いますが、ヤンゴンは経済と貿易の中心地、多くの要人や外国人が訪れる場所ということもあり一流ホテルがたくさんあります。
そんなホテルのかなで、アフタヌーンティーで有名な名門「ザ・ストランド・ホテル」を訪れてみました。
「ザ・ストランド・ホテル」‥‥? 聞いたことはないと思いますが、1901年創業の歴史ある五つ星ホテルです。
ドアマンに重厚な扉を開けてもらうと中は高級感あふれる落ち着いたロビー。
同フロアーのカフェに入り、予約してあるむねを伝えると、早速、席に通されます。ウエイターの対応も懇切丁寧。
客の入りは3割程度。ハイシーズンの週末にしては少ない気がしましたが、その分ゆっくりと過ごすことができます。

日本では「アフタヌーンティー」と呼ぶことが多いと思いますが、ミャンマーでは「ハイティー」と呼ぶようです。正確に言うと両者の呼び名に違いがあるようですが、細かいことは気にせず、現地で呼ばれている名前を優先して使いましょう。

ザ・ストランド・カフェ

2. 選べるハイティーは「イギリス式」、「ミャンマー式」の2種類

ストランド・カフェで選べるハイティーはClassic High Tea と Myanmar High Teaの2種類。友人はイギリス式、私はミャンマー式を選びました。
イギリス式
SAVOURY(甘くない)
・クリームチーズとブラックフォレストハムのロール
・イタリアンコッパ、イチジクとリコッタチーズのトースト
・サーモンタルタルイノンド
・寒天とグリーンアスパラのカナッペ
PASTRY(お菓子)
・マスカルポーネクリーム、レモングラスとパパイヤジャム付きスコーン
・レモンメレンゲタルト
・グリーンティーパンナコッタ・ライスクラッカー
・マンゴーミニエクレア
・チョコレートガナッシュマカロン
・フレッシュフルーツラムババロア
・ピスタチオ入りターキッシュのディライト

ミャンマー式
SAVOURY(甘くない)
・グリーンサラダ
・チキンと野菜の春巻き
・ゴマをかけたもち米
・野菜のパンケーキ
PASTRY(お菓子)
・パームシュガー入り団子
・カシューナッツのプリン
・タピオカ
・ココナッツの寒天
・ココナッツクリーム
・ニンジンとココナッツのプリン

ドリンクは、コーヒー5種類、お茶6種類、もしくはミャンマーティーの中から選択。
お茶は優に3杯は飲める量の金属製のポットで出されます。
ミャンマー式は5段式の重箱でだされるので、広げるとテーブルスペースがほぼなくなります。

ボリュームがあるので、よっぽどの大食いの人でない限り、食事を抜いていかないと食べ切れる量ではありません。たかだかハイティーだと甘く見ないでください。

ハイティーは「イギリス式」「ミャンマー式」

3. 五つ星ホテルハイティーのお値段

ミャンマー式を選んだ私の感想は、もち米とココナッツを使ったスィーツが甘過ぎることなくおいしくいただけました。
料金はイギリス式20ドル、ミャンマー式18ドル、サービスチャージ10%、消費税5% 合計43.7ドル。
VISAカードで支払いました。
一般的なホテルのレストランで2~5ドルも出せばお腹一杯になりますが、ストランドホテルに訪れたことがない人は20ドル出す価値はあると思います。

女子グループで訪れ「イギリス式」、「ミャンマー式」各1個注文して、それを仲良く3~4人でシェアしたらカロリー摂取とコストを同時におさえることが可能になります。

ストランドカフェのハイティー

■ハイティーの時間帯:14:30~17:00
■住所:92 Strand Rd Yangon
■TEL:+95 1 243 377
■メール:info@hotelthestrand.com

まとめ

1. 歴史あるザ・ストランド・ホテル、五つ星ホテルの格式の高さには目を見張るものがある
2. ストランドのハイティーはイギリス式とミャンマー式の2種類から選択
3. 1食25ドル出しても訪れる価値はある

日本人らしき女性お一人様も見かけました。
ヤンゴンに寄る機会がある人には強くオススメします。

ヤンゴンに滞在した期間:2020年1月17~19日 この後は「首都:ネピード」に移動

ミャンマービザ免除は2020年9月末まで!首都ネピードで出会った大き過ぎるモノアジアの秘境といわれているミャンマー。現在はビザなしで入国できますが2020年10月からはビザが必要になるようです。 そんなわけで、ビ...
ABOUT ME
ubukata
生方正(うぶかた ただし) 明治大学客員研究員。 高校卒業後に海上自衛隊に入隊。 海上自衛隊で映像に関する部内教育を受けたのち写真員となり、インド洋給油支援活動、環太平洋合同訓練など多くのミッションに参加。 撮影した写真は、部内は元より、国内外の新聞、雑誌、TVに採用され、その功績により7度の表彰を受ける。 勤務の傍ら、各種節約術を駆使しながら貯蓄を行い、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資等を実施することで億の資産を築く。  入隊時の目標であった「南極に行く」「幹部自衛官になる」「億万長者になる」をすべて達成した現在は、アーリーリタイアを遂げ、花粉の飛ぶシーズンは海外に所有する別荘に滞在。それ以外は各国を旅している(訪問国:7大陸33カ国)。 朝日新聞社Webメディア「telling」にて『ミレニアル女子のための「新しいお金との付き合い方」101のルール』を連載。 オンライン授業Schooでお金に関する授業を担当。 会員数900万人 ママ向けメディア「ママスタセレクト」では、生活コスト削減コンサルタントとして節約情報を配信中。 テレビ出演:AbemaTV「AbemaPrime」、BS朝日「南極日和」 ラジオ出演:NHK第1「小藪とみちょぱのとりしらベイビー」他 多数 ポットキャスト:「海外ブラックロード」「スタジオスモーキー」他 多数 掲載:「日刊ゲンダイ」「マネー現代」「アゴラ」「AERA」他 多数

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です