億万長者の旅ブログ(スリランカ)

スリランカに行ったら是非、挑戦してみたい「本場のアーユルヴェーダ」

私がアーユルヴェーダに興味を持ったのは20年前。ハリウッドスターやセレブの方々がデトックスのために1~2週間、施術を受けに行っている。と聞いたからです。
アーユルヴェーダの発祥は南インド。場所的に近いスリランカにも早い段階に定着して、近年では多くの医療ツーリズムを受け入れています。今回は、現地のスパで体験したアーユルヴェーダについてお伝えします。

目次
1. 本場のアーユルヴェーダはエステではなく医療
2. 天にも昇る心地よさ!90分の施術内容とは?
3. 驚いた!スリランカで施術するコスパの高さ
まとめ

1.本場のアーユルヴェーダはエステではなく医療

アーユルヴェーダが日本で注目され始めたのは20年くらい前。温めたゴマ油を額に落とすシロダーラや、目の周りに小麦粉で土手を作りその中にバターオイルを注いで目を洗うネトラバスティを思い浮かべる人もいると思います。いずれにしても日本でのイメージは高級エステ。しかし、その実態は世界三大伝統医学のひとつに数えられる5000年前からあるインドの伝統医学。世界保健機構(WHO)にも公式に承認されている、立派な医療なのです。
正式な治療は、アーユルヴェーダ医師の問診や診断を受け、患者の体調不良や体質改善に合った油の配合やハーブを処方して施術が行なわれるのです。

アーユルヴェーダの語源はサンスクリット語、「アーユル」(生命)、「ヴェーダ」(科学)。
病気の治療と予防だけでなく、人生をより良いものにするための健康の維持や増進、若返りまでを追求する奥の深い医療なのです。

2.天にも昇る心地よさ!90分の施術内容とは?

私が訪れたのは、シーギリアの町中に数軒存在するうちの1軒のスパ。診療施設とは違い、問診や脈をとることなく、決められたコースの中から希望の施術を選ぶだけ。
私が選んだのは、全身オイルマッサージ、額に油を垂らすシロダーラ、ヘッドマッサージ、ヨモギのスチームバスがセットになっている90分のコースでした。
脇の下をさわられるだけで、くすぐったくて悶絶するくらい敏感な私も、オイルの力を使われるとウットリ。温かい油を落とされるシロダーラでは始めの数分の記憶しか残っていません。スチームバスは、若干物足りない気もしましたが、トータル90分、天にも昇る心地を味わうことができました。
体の力が抜けまくった状態でホテルに戻りましたが、スパにシャワーがなかったため体は油まみれ、3回連続、石鹸で身体を洗い全身についた油を落としました。

アーユルヴェーダのデメリットは施術後に油を落すのが大変なこと。また、排水溝が詰まることです。

スパの店内、シロダーラに使う油を入れるツボが見える

3.驚いた!スリランカで施術するコスパの高さ

全身についた油を落とすことが大変だとはいえ、スリランカに来たらアーユルベーダに挑戦しない手はありません。東京都内であれば、90分1.5万円はする施術が4000ルピー(2400円)で体験できるのですから。
もちろん、使う施設や環境、スタッフのコミュニケーション能力など比較できない部分もありますが、費用が1/6で済むのですから多少の不具合に目をつむりトライするべきです。
体のコンディションを整えることもですが、アーユルヴェーダを実際に経験すること自体が良い思い出になるはずです。

今回、私は訪れることができませんでしたが、アーユルヴェーダツアーではホテル内に併設されたスパで、高度な施術が受けられ、快適な生活をおくることができるようです。

まとめ

・日本でエステと思われているアーユルヴェーダ。実は、立派な伝統医学でありWHOにも公式に医療として承認されている
・油を使ったマッサージはデトックス効果の他にリラックス効果が高い
・都内で90分1.5万円の施術内容が現地では1/6の価格、コスパが高い!

スリランカに滞在した期間:2019年1月4日~16日
この後、ポロンナルワに移動

スリランカの古都、世界遺産「ポロンナウア」の遺跡を自転車で周る!時計回りで巡るスリランカ2週間の旅、シーギリヤの次に向かったのはポロンナウア。 ポロンナウアはシーギリヤの30㌔東に位置する北中部州第...
ABOUT ME
ubukata
生方正(うぶかた ただし) 明治大学客員研究員。 高校卒業後に海上自衛隊に入隊。 海上自衛隊で映像に関する部内教育を受けたのち写真員となり、インド洋給油支援活動、環太平洋合同訓練など多くのミッションに参加。 撮影した写真は、部内は元より、国内外の新聞、雑誌、TVに採用され、その功績により7度の表彰を受ける。 勤務の傍ら、各種節約術を駆使しながら貯蓄を行い、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資等を実施することで億の資産を築く。  入隊時の目標であった「南極に行く」「幹部自衛官になる」「億万長者になる」をすべて達成した現在は、アーリーリタイアを遂げ、花粉の飛ぶシーズンは海外に所有する別荘に滞在。それ以外は各国を旅している(訪問国:7大陸33カ国)。 朝日新聞社Webメディア「telling」にて『ミレニアル女子のための「新しいお金との付き合い方」101のルール』を連載。 オンライン授業Schooでお金に関する授業を担当。 会員数900万人 ママ向けメディア「ママスタセレクト」では、生活コスト削減コンサルタントとして節約情報を配信中。 テレビ出演:AbemaTV「AbemaPrime」、BS朝日「南極日和」 ラジオ出演:NHK第1「小藪とみちょぱのとりしらベイビー」他 多数 ポットキャスト:「海外ブラックロード」「スタジオスモーキー」他 多数 掲載:「日刊ゲンダイ」「マネー現代」「アゴラ」「AERA」他 多数

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です