億万長者の旅ブログ(スリランカ)

スリランカの世界遺産 海のシルクロード、港町「ゴール」

スリランカ南部に位置する「ゴール」。インド洋を臨む半島は昔から貿易の中継地点として栄え、16世紀にポルトガルにより堅固な要塞都市へと造り変えられました。
旧市街に残るコロニアル調の街並みは旅情をかき立てられる素晴らしい所だったので、シーギリアの次にお勧めしたい場所です。今回は、世界遺産の港町「ゴール」についてお伝えします。

目次
1. 16世紀の街並みがキレイに保存されている町フォート地区
2. ゴールで一番の映えポイント「灯台」と「時計台」
3. 是非とも立寄りたい、世界遺産の町中に佇む高級ホテル「アマンガラ」
まとめ

1.16世紀の街並みがキレイに保存されている町フォート地区

ゴール観光の目玉はフォート地区と呼ばれる旧市街です。半島の付け根を分断するように造られた城壁。半島の広さは南北1.2㎞、東西800m。海岸線は16世紀に造られた城塞が取り囲み、巨大な砲台跡も残されています。
旧市街は石畳、建物はコロニアル調。当時使われていた旧ゴール総督府や旧兵舎、旧商業銀行、旧オランダ軍病院などの建物が、現在も郵便局や銀行、地方役場、ホテルとして使われています。それ以外の建物も古いモノが多く、レストランやカフェ、商店街、大学、教会やモスクなど町全体が博物館のようです。
2時間もあれば、ゆっくり歩いて回れる旧市街で1つ驚いたことは、鉄格子がはめられたバスが停車して、手錠をした男20人くらいが1本の鎖でつながれ建物に入って行った光景でした。建物にCourtと書いてあったので裁判所だと思いますが、旅先で出会ったスリランカ人に良いイメージを持っていましたが、一定数の犯罪も起きていることを認識させられました。

ゴールの砲台跡
裁判所前に護送された容疑者

2.ゴールで一番の映えポイント「灯台」と「時計台」

フォート地区で一番記憶に残っているのが「灯台」と「時計台」です。
「時計台」は、旧市街の入り口付近に建っているシンボル的な石造りの建物です。日が沈む頃になると多くのスリランカ人が付近を訪れインド洋に沈む夕日を眺めています。
また、海側には立派な「灯台」があり、周辺にはヤシの木が植えられています。青い空、緑のヤシの葉、白い灯台と絶妙なコントラストを醸し出していました。
灯台近くでは、ファッション誌の撮影が行われていました。男女、イケメンモデルがポーズを決めていました。撮影の後半はドローンを使っていたことにも驚きましたが、足元付近に体長50㎝以上のトカゲが歩いていたことにギョッとしました。

旧市街入り口付近は、おしゃれなカフェや雑貨店が立ち並んでいます。休憩がてら立ち寄ってみましたが、スムージー1杯300円。値段も衛生状態を気にすることなく気持ちよく利用することができます。

 

フォート地区に建つ時計台
フォート地区内で見かけたトカゲ
フォート地区内にあるお洒落なカフェ

3.是非とも立寄りたい、世界遺産の町中に佇む高級ホテル「アマンガラ」

旧市街を訪れたときに立ち寄っておきたいところが「アマンガラ」です。
アマンリゾートが運営するゴールで一番立派なクラッシックホテルです。宿泊客でなくとも、カフェでお茶をすることもできます。私は少し長居をしたかったのでアフタヌーンティーを注文してゆったりさせてもらいました。ホテルの内装は100年以上前から使われていると思われる家具やシャンデリア、調度品がキレイな状態で今も使われています。
サービスの質も一流、わずか1000円で、とっても心地良い時間を過ごすことができました。

世界遺産の町中に佇む高級ホテル「アマンガラ」
高級ホテル「アマンガラ」レストラン内

まとめ

世界遺産「ゴール」、町全体の保存状態がいいので、歴史に興味がない人も町を歩くだけで楽しむことができます。なにより太っ腹なのは、世界遺産なのに入域料がないことです。
「コロンボ」から「ゴール」までは車で2時間。個人的感想としては、コロンボの滞在時間を削っても見ておきたい歴史スポットだと思います。

スリランカに滞在した期間:2019年1月4日~16日
次回は「ゴール」から「コロンボ」に向かう鉄道の旅をお届けします。

ABOUT ME
ubukata
生方正(うぶかた ただし) 明治大学客員研究員。 高校卒業後に海上自衛隊に入隊。 海上自衛隊で映像に関する部内教育を受けたのち写真員となり、インド洋給油支援活動、環太平洋合同訓練など多くのミッションに参加。 撮影した写真は、部内は元より、国内外の新聞、雑誌、TVに採用され、その功績により7度の表彰を受ける。 勤務の傍ら、各種節約術を駆使しながら貯蓄を行い、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資等を実施することで億の資産を築く。  入隊時の目標であった「南極に行く」「幹部自衛官になる」「億万長者になる」をすべて達成した現在は、アーリーリタイアを遂げ、花粉の飛ぶシーズンは海外に所有する別荘に滞在。それ以外は各国を旅している(訪問国:7大陸33カ国)。 朝日新聞社Webメディア「telling」にて『ミレニアル女子のための「新しいお金との付き合い方」101のルール』を連載。 オンライン授業Schooでお金に関する授業を担当。 会員数900万人 ママ向けメディア「ママスタセレクト」では、生活コスト削減コンサルタントとして節約情報を配信中。 テレビ出演:AbemaTV「AbemaPrime」、BS朝日「南極日和」 ラジオ出演:NHK第1「小藪とみちょぱのとりしらベイビー」他 多数 ポットキャスト:「海外ブラックロード」「スタジオスモーキー」他 多数 掲載:「日刊ゲンダイ」「マネー現代」「アゴラ」「AERA」他 多数

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です