沖縄1人旅、グルメと観光を重視したワーケーション

「那覇 ・国際通りにある穴場〜」沖縄

ワーケーションで滞在した那覇。ホテルでパソコンに向かうだけで、観光しないのは勿体ないと思い、国際通りをフラつきました。
そこで見つけたのが、地方都市にあるようなアーケード街が4~5本合体した迷宮のようなアーケード街でした。
気になったので、観光ツアーに参加したところ、驚きの歴史的背景があって今の街になっていることが分かりました。
今回は、ドン・キホーテ国際通り店、奥に広がる「巨大アーケード街マチグワー」についてお伝えします。

1.那覇の巨大市場(マチグヮー)迷宮めぐりツアー

マチグワーとは沖縄の言葉で「市場」を指します。
まさに、このツアーはガイドの説明を聞きながら巨大アーケードを歩くツアーです。
所要時間は1時間20分。参加するのに事前予約が必要ですが、1人でも決行してくれ、参加費1,000円。なんとも良心的なツアーです。
私が参加した時期は、新型コロナウィルスの影響により国際通りを歩く人が1/10に減っていたので参加者は私1人でした。
11時に、国際通りにある「てんぶす那覇前広場」にガイドと落合ってツアーが始まりますが、そこに現れたのは、若干、足元がおぼつかない年配の女性でした。
私は、会話が成立するのか心配でしたが、結果的に大当たりのガイドさんでした。
なぜなら、ガイドは那覇生まれの那覇育ち。戦争直後から国際通りを見てきた生き字引的存在だったからです。

2.米軍物資を運ぶために湿地を切り開いて作られた国際通り

戦争中、那覇で最も栄えていた場所は西町。しかし、95%が破壊されてしまったそうです。
米軍が港から物資を運ぶために、湿地帯を切り開いて作った道路が、国際通り。
名前の由来は、通りに「アミーパイル」という名の国際劇場があったからのようです。

現在の国際通り

3.平和通り商店街

国際通りが開通したことで、周辺の脇道も整備され商店街が生まれました。
特に「平和通り」は、米軍の払い下げ品を求める人々や帰国する前に日本の土産を求めるアメリカ軍人で賑わっていたそうです。

戦後の平和通り

4 足元に描かれている、沖縄の伝統マーク

平和通りの足元には、沖縄の伝統マークが描かれています。
このようなマークは「琉球かすり」の図柄に用いられるモノで、写真は、手前から「花」「ブタ」を表します。
なぜ、奥側のマークがブタなのかというと、餌箱に2匹の豚がいるところを上から見おろすとこのように見えるからです。
説明されなければ、素通りしてしまいますが、一度知ると、他のマークの意味を知りたくなるから不思議です。

沖縄の伝統マーク「花」「ブタ」

5.むつみ橋通り

川がないのに「橋」の名前がついているのは、川に1.8㎞の橋を架け、その上を水上店舗にした商店街だからです。
現在もアーケードの下には、ガーブ川が流れているのだとか。

川のうえに作られた商店街

6.沖縄固有種オブジェが飾られている商店街

「むつみ橋通り」の2階部分には、沖縄固有の鳥「ヤンバルクイナ」や、蛾の「ヨナグニサン」など、たくさんのオブジェが飾られています。
これも、言われなければ気づかない、もしくは、「何か飾ってありますね」で通り過ぎてしまう程度のモノです。
商店街の人がお金をかけて設置した理由を聞いたところ「子供達に沖縄のことに興味を持ってもらうため」とガイドは回答しました。

沖縄固有の動物や昆虫のオブジェ

7.牧志公設市場

1階のお店で鮮魚や肉を選んで、2階の食堂で調理してもらうスタイルで有名な公設市場は、建て替え中のため別の場所で、仮設市場を建て営業をしていました。
2階に5~6軒の食堂があり、沖縄名物の「イラブ」(ウミヘビ)を食べられるお店も2軒あります。せっかくのチャンスだったので挑戦しようと訪れたところ、両店とも休業していて夢は叶いませんでした。
2022年にリニューアルオープンした後にリベンジを果たしたいと思います。

仮設の公設市場

2階の食堂で接客する店員は台湾人女性。コロナでなければ中国人観光客で賑わうということですね。

まとめ

巨大アーケード街は古くて薄暗い、安い飲み屋街もあり治安がよくないように見えますが、実際に入ると普通。むしろ、興味深い場所で10日間の滞在中に5回足を運ぶ結果となりました。
国際通りを訪れたらメインの通りより優先して時間をかける価値のある見どころ満載の観光スポットです。

那覇に滞在した期間:2021年1月20~29日 この後は宮古島に移動

宮古島一周×レンタルバイクが最強なワケ!【沖縄】海がキレイなことで有名な宮古島。 バイクで一周するのも丁度いい島です。というのも、隣接する3つの島が橋でつながっているため、1日で4島...
ABOUT ME
生方 正
生方正(うぶかた ただし) 明治大学サービス創新研究所研究員 高校卒業後に海上自衛隊に入隊。 海上自衛隊で映像に関する部内教育を受けたのち写真員となり、インド洋給油支援活動、環太平洋合同訓練など多くのミッションに参加。 撮影した写真は、部内は元より、国内外の新聞、雑誌、TVに採用され、その功績により7度の表彰を受ける。 勤務の傍ら、各種節約術を駆使しながら貯蓄を行い、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資等を実施することで「億」の資産を築く。  入隊時の目標であった「南極に行く」「幹部自衛官になる」「億万長者になる」をすべて達成した現在は、アーリーリタイアを遂げ、花粉の飛ぶシーズンは海外に所有する別荘に滞在。それ以外は各国を旅している(訪問国:7大陸33カ国)。 朝日新聞社Webメディア「telling」にて『ミレニアル女子のための「新しいお金との付き合い方」101のルール』を連載。 オンライン授業Schooでお金に関する授業を担当。 会員数900万人 ママ向けメディア「ママスタセレクト」では、生活コスト削減コンサルタントとして節約情報を配信中。 テレビ出演:AbemaTV「AbemaPrime」、BS朝日「南極日和」 ラジオ出演:NHK第1「小藪とみちょぱのとりしらベイビー」他 多数 掲載:「PRESIDENT」「日刊ゲンダイ」「マネー現代」「アゴラ」「AERA」他 多数         

POSTED COMMENT

  1. モーモーさん より:

    国際通りにも歴史があったのですね♪ぜひガイドさん目当てで行ってみたいです

  2. 宇海 より:

    ガイドさんがいることで気づけることや知れることが多くなるんだなと思いました!

    • 生方 正 より:

      はい、観光ガイドを雇うと得られる情報量が全然変わります。
      ですから、海外の世界遺産等では積極的に雇うようにしています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です