億万長者の愛車ホンダ・カブ

ハンターカブ、日本一周ツーリング(西日本・九州)10日目(宮崎→美々津)

中死ぬ前に達成しておきたいことの1つに「バイクで日本一周」があります。
この夢を実現するために旅にでました。
バイクは買って間もないホンダ・ハンターカブ。
排気量125㏄、高速道路を走れないため3分割して周る予定です。
今回は西日本、九州、四国を周って日本海沿いで帰宅する予定。
本日10日目、宮崎~日向市美々津(みみつ)までの移動です。

ツーリングのルール
(ア) 期間は5月2日~27日以内。
(イ) 搭載する荷物を減らすためにキャンプ道具一切なし、宿泊はビジネスホテルか旅館。
(ウ) 出発前の走行距離は500㎞。オイル交換後、初めてのロングツーリング、カブのいい点、悪い点を洗い出してブログにまとめる。

1. 3週間早い梅雨入り宣言、涙を呑んで四国行きを断念

宮崎滞在3日目、まさかのことが起こりました。
例年より3週間早く梅雨入りしたのです。
宮崎から四国への移動は別府発のフェリーに乗れば1日で移動できますが、数日後には梅雨入りするので雨の中を走破することになります。
再来する手間を考えると口惜しいのですが、安全を重視して四国行きを諦めました。
帰路のコースは雨を避けやすい日本海側を通って帰宅することにしました。

2~3か月後には「横須賀」~「別府」間のフェリーが就航する予定だったので、8月以降、別府から再スタートして四国を訪れることにしました。

2.  バイクの雨天走行の限界は雨量5㎜

梅雨入り宣言した宮崎。うかうかしていると大分や福岡も梅雨入りして、雨に濡れながら帰路につくことになります。
そうならないためにも、すぐに出発する必要がありました。
しかし、ホテルをでる時間はバケツをひっくり返したような土砂降りです。
ロビーで2時間雨宿りをさせてもらい小降りになった頃合を見計らって出発しましたが、30分も走ると土砂降りになりました。
幸いにもレインコートと靴がゴアテックス製品なので、服まで濡れることはありませんでしたが、ズボンの裾と靴の間に少しでも隙間ができると雨水が流れ込んできます。
また、ヘルメットシールドを下げないと雨粒が顔に当たって痛い。しかし、下げたままだと自分の息によりシールド内が曇る。そもそも、付着した水滴を定期的に手で拭って視界を確保する必要がありました。
雨の中走行した10号線は交通量が少なくて助かりましたが、それでも大型車が横を通過すると路面に溜まった雨水が跳ね上げられ安全に走ることが困難な状態でした。
60㎞走行した時点で別府まで走行することは不可能と判断して、予約した温泉宿の宿泊日を変更して、すぐ近くの宿に予約を入れました。

この時得た教訓は、しっかりした装備をしていれば「本降り」といわれる降水量5㎜までは走行可能であるが雨量6㎜を超えたら危険である。ということです。

土砂降りの中の愛車

3.  室町時代から貿易港として栄えた「美々津町」

別府へ行くことを諦めて近くの宿泊施設を予約しました。
近くといっても予約がとれたのは8㎞先の美々津町というところでした。
ひなびた海沿いの旅館をイメージしていましたが、美々津の町は江戸~大正にかけて木材の供給地、商業港として栄えた港町でした。
100年以上前に建てられた古民家が建ち並ぶ歴史ある街並みが印象的です。
私が予約を入れた宿泊施設は「ゲストハウス 圭ノ屋(たまのや)」
土砂降りの中、いきなり予約を入れて訪れた私に、入浴、洗濯、除湿器と準備をしてくれたうえに、外食にいけない私のためにお弁当まで買ってきてくれるホスピタリティ溢れる宿でした。
宿のご主人は、サーフィンを愛する柔和な方。お話がとっても上手でご主人の前職の話で1時間近く盛り上がりました。
朝食は離れにある立派な古民家で鴨肉がトッピングされたうどんを食べました。“あごだし“からとったスープがとってもおいしく、機会があったらまた伺いたいと思いました。

土砂降りでなければ立ち寄ることは絶対になかった美々津。
土砂降りでのお陰で思わぬ穴場スポットにめぐり逢い、人の優しさに触れることができました。

ゲストハウス 圭ノ屋(たまのや)の離れの古民家
朝食で提供している鴨肉の入ったうどん

まとめ

本日の走行距離70㎞。
土砂降りの中の走行でしたが、ハンターカブの不具合はありませんでした。
天気が良ければ風を感じながら気持ちよく走れるツーリングですが、雨の日は危険を伴う苦行です。
ツーリングは余裕ある計画と天候状況の把握を心がけることが大切なことを身に染みて感じました。

ハンターカブ、日本一周ツーリング(西日本・九州)11日目(美々津→別府)死ぬ前に達成しておきたいことの1つに「バイクで日本一周」があります。 この夢を実現するために旅にでました。 バイクは買って間もないホ...

ABOUT ME
生方 正
生方正(うぶかた ただし) 明治大学サービス創新研究所研究員 高校卒業後に海上自衛隊に入隊。 海上自衛隊で映像に関する部内教育を受けたのち写真員となり、インド洋給油支援活動、環太平洋合同訓練など多くのミッションに参加。 撮影した写真は、部内は元より、国内外の新聞、雑誌、TVに採用され、その功績により7度の表彰を受ける。 勤務の傍ら、各種節約術を駆使しながら貯蓄を行い、国内株式、金の現物買い、在日米軍に対する不動産投資等を実施することで「億」の資産を築く。  入隊時の目標であった「南極に行く」「幹部自衛官になる」「億万長者になる」をすべて達成した現在は、アーリーリタイアを遂げ、花粉の飛ぶシーズンは海外に所有する別荘に滞在。それ以外は各国を旅している(訪問国:7大陸33カ国)。 朝日新聞社Webメディア「telling」にて『ミレニアル女子のための「新しいお金との付き合い方」101のルール』を連載。 オンライン授業Schooでお金に関する授業を担当。 会員数900万人 ママ向けメディア「ママスタセレクト」では、生活コスト削減コンサルタントとして節約情報を配信中。 テレビ出演:AbemaTV「AbemaPrime」、BS朝日「南極日和」 ラジオ出演:NHK第1「小藪とみちょぱのとりしらベイビー」他 多数 掲載:「PRESIDENT」「日刊ゲンダイ」「マネー現代」「アゴラ」「AERA」他 多数         

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です